上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
緊急時に余所に移れるくらいの
ガソリンを探し割と海の近いところまで行き、
そこで運良くガソリンと灯油、
そしてなーんとなんと近くの大手スーパーが
営業しており凄い数の食品が販売されていて
もう天国かと思えるほどでした(T人T)オーカミヨ
でそこまでは上手く行き過ぎでテンション
高かったんですが、余裕あるってことで更に
海の方に行ってみました・・・
しかしそこに広がっていた光景は・・・
なんというか、言葉になりませんでした
凄まじかった、ですね
車が有り得ない形をし、海に近い川の土手には
流されてきたであろう屋根が打ち上げられており
更に近くに行こうとしたら県警に呼び止められ
行かないよう指示されましたが
遠目にみても分かるほどの惨状がありました
また、海から離れた家々にも
水が押し寄せた痕が・・・
泥をかぶり使い物にならなくなった
畳や電化製品が路上に積み上げられ
建物の壁にはそこまで水が来たのであろう
汚れのラインが生々しく存在していました
その光景を見てからは家に帰ってからも
暫く言葉がでませんでした・・・
地震が起こり避難所をこの目で見てそれでも
「何か自分に出来ることはないか」と
模索していた自分の非力さが知れました
それでも人々が一つ一つ、途方もない時間がかかる
であろうにも関わらずゴミと成ったものを
片づける姿に人の強さを知ることもまた出来ました
でも津波の被害を受けていない自分ですら
こんなにも苦い感情がでてくるのに
被害を被った方々はどのような気持ちなんだろう、
って考えちゃうともう何もする
気が起きなくなってしまいますね・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。