さてさて、今年の新作ですが、どうやら新ブランドが誕生するらしいです
その名も「RG(リアルグレード)」
サイズは1/144でありながらMG並みの可動力があるそうです。
第一弾はRX-78-2ガンダム。
フレームは作る手間もなく、組済みで切り取るだけでいいらしいです。
外装パーツは従来のHGのパーツの二倍になっているらしく、
よりリアルさを求めた形であるようです。
特殊なデカールで、材質もリアルさを表現しているようです。
また、1/144で出来なかったコア・ファイターの完全変形も実現されるようです。
すごいすな~
お値段は税込2625円(予定)。発売予定日は初代ガンダムの発売日に合わせ
7月24日。いやぁ楽しみですね(^-^
ただ、HG・MGは1,5・ホビーショー版G3・2,0とガンダムは結構作ってるので、
おなか一杯な気もしないではありませんが(汗

また、五月にHGからゴッドガンダム、OOから1(アイ)ガンダム改が、
六月には同じくHGからアヴァランチエクシア、そしてZZガンダムが発売予定。
ZZはついにって感じですね~
初期版はパーツはぽろぽろとれるし壊れやすいしでまあすぐ崩壊させたので、
HG化はとても楽しみです。

その前に四月発売のHGアストレアタイプF,ガンダムX、MGウィングガンダムがありますね。
ウィングはどうしようか迷ってますが、バード形態(適当)は撮影スペースに収まりそうにないんですよね(汗




で、お買い物。









HGooGundamsSeveSword.jpg



ようやっとセブンソードが入荷してました。
目的はリゼル隊長機だったんですが、まだ発売されてませんでした。

てなわけでMGEXIAいってみよ~





2.jpg






―ガンダムエクシア―
紛争の根絶を目標とするソレスタルビ―イングの所有する機体。
エクシアの機動力源は「GNドライブ(別名太陽炉)」と呼ばれる、GN粒子を無尽蔵に生み出す
エンジンユニット。GN粒子が機体制御、ビーム放出のエネルギー源らしいです。
このGNドライブは製造が難しいため、ある期間を隔ててのガンダムの開発を必要としました。
第一世代として誕生したのがOガンダム。第二世代として開発されたのが
ガンダムアストレア・ガンダムサダルスード・ガンダムアブルホール・ガンダムプルトーネの四機。
そして第三世代として開発されたのがガンダムキュリオス・ガンダムデュナメス・ガンダムヴァ―チェ・
そしてこのガンダムエクシア。
コードネームは「セブンソード」
パイロットは刹那・F・セイエイ。
ちなみにリペアは国連軍との最終決戦時、グラハムの駆るフラッグカスタムⅡと戦い負傷し、
その後刹那が改修した形態。右の機能しなくなったカメラはティエレンのものを移植し、
失った左腕は隠すために布を張り付けています。
このキットではノーマルとリペアのコンパーチブルで、どちらか一方しか作ることはできません。
一部wiki参照しとります







011_20100324033616.jpg



腕の可動箇所は肩・上腕・肘・手首。肘はほぼ180°、肩は90°ちょっとまで上がります。








13.jpg




立て膝はギリギリって感じです。
膝関節はおよそ160°くらいが限界です。
足の可動箇所は股関節・付け根・膝関節・足首アーマー・足首・足・つま先。
腰はフロントアーマーが前にせり出すので足の可動に支障を来さないようになっていますが、
干渉するので思うほど動きません。
また、股関節軸は可動式で、足の可動範囲を調節できるようになっています。
足首は二重関節ですので接地性は良いです






MGexia





GNビームサーベルは四本柄があります。
ちなみに肩についているのがビームサーベル、腰についているのがビームダガ―と
一応区別は付いているらしいですが、出力は結局マイスター(パイロット)の自由らしいです。
GNコンデンサー(クリアグリーンのGN粒子を溜めるタンク)には文字が
印刷されていますが自分のカメラでは写せません~






15.jpg




トンガリコーン・・・じゃなかったGNドライブ。
発光部分は二か所あり、それぞれボタン電池二個を必要とするのですが、
キットには付属していません。貧乏人には厳しい装置です~






046.jpg



GNドライブ装着状態。
ロック機構があります






048.jpg
前だけ点けてみました。
文字化けしてるぅぅぅぅぅ
本来はクリアグリーンに彫られた文字が浮き出る仕組み・・・だと思う






015.jpg




GNビームサーベル(長)・ビームダガ―(短)。
それぞれ二本ずつ付いてます。
阿修羅頑駄無やセラヴィーガンダムみたいに手がにょきにょきあれば迫力増すかも?








021.jpg




GNロングブレード・ショートブレード。
これはGNフィールドを割く能力を付けるため、一番開発に時間がかかったそうです。
尚、イグニッション版では刃はメッキですが、ノーマル版ではメッキではなかったと思います。








10.jpg




メインウェポンGNソード。
ライフルモードとソードモードに形態を変更できます。
ソードからはGN粒子を出して切れ味を増す機能もあるとか。万能すぎるGN粒子
見たとおり大きいので狭い場所では使えません。









11.jpg




GNシールド。
こちらもGN粒子を使用して防御力を上げることができます。
・・・疑問に思ったら負けだと思う








3.jpg





この商品にはアクションベース1は付いておりません
使用するとやはり取れるポーズの幅は広がりますね









9.jpg









6.jpg








16.jpg








034_20100324061834.jpg











019.jpg









040.jpg










039.jpg





というわけでMGガンダムエクシアでしたー。
かっこいいし良く動きますが、膝関節はもう少し広くても良かったかなーと思います。
GNソードも大きいので仕方ないですが、持たせにくかったですね。
ホログラムパーツも丁寧に切り取らないと傷が付きます。
パーツの向きも指定が多いので個人的には作りにくかったですが、
苦労した分完成した時の感動も一入です。
じっくり作ることをお勧めします(^-^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ