こんちゃー
色々やってて更新遅れちゃいました
ではシェンロンを作っていきます
このMGシェンロン兄弟機の設定を再現すべく
デスサイズと同じフレームランナーを
採用しているためそこら辺の比較も
してみると面白いかもしれません





MG-SHENLONG-SEISAKU-1.jpg



では初めに全パーツ紹介
シェンロンのボディーを構成する
全25パーツ(たぶん)です
右側のフレームパーツは
デスサイズヘルと全く同じパーツです
ただコクピットブロックの丸いパーツが
シェンロンの新規ランナーについてるのですが
よーく見てもほぼ変わりはないと
感じます







MG-SHENLONG-SEISAKU-2.jpg



まずは肩関節上部ブロック。
こちらはデスサイズヘルと全く同じです
ただ、肩関節軸の短さが気になり
すでに完成させたデスサイズヘルも
飾る分には問題ありませんが
動かそうとするとまあいとも簡単に
外れてしまうのでもう「・・・」ですね
どうしてこうも短くしたがるんでしょ?
PGOOでも同じ現象起きてますし
ここら辺改善してほしいなぁ(´・ω・`)
流石にMGでも同じ感じだと
購入意欲下がっちゃいますね
まあこの辺りがMGOOへの期待です





MG-SHENLONG-SEISAKU-3.jpg




フレーム部で初めてデスサイズヘルと
違うパーツである五飛の
パイロットフィギュア。
これを同じように丸いパーツで挟みます








MG-SHENLONG-SEISAKU-4.jpg




ここで二つ目の違う部分
デスサイズヘルではランナーに
付属したバックパック(ヘルは翼ですが)の
取り付け用パーツは今回はポリパーツを
使っています。
ポリランナーもヘルと同じものですので
もちろんヘルにもこのパーツは付属してますが
翼の大きさを考慮してか
ヘルでは別の専用パーツを使っています







MG-SHENLONG-SEISAKU-5.jpg



下部ブロックも同様に
ポリパーツを埋め込み合体!







MG-SHENLONG-SEISAKU-6.jpg




人形を見ないとどっちがどっちか
分かりません・・・といっても
同じパーツ使ってれば当然ですね
コクピット周辺もよーく見ると
「若干」違う・・・ような?
くらいそっくりさんです








MG-SHENLONG-SEISAKU-7.jpg



次に首回りのアーマーパーツを
付けます
尚、胸上部のグレーのパーツは
胸アーマーパーツで挟むため
珍しく先に取り付けてます







MG-SHENLONG-SEISAKU-8.jpg




胸アーマーパーツを取り付けます
腹周りのアーマーパーツは
胸アーマーで挟む形になります









MG-SHENLONG-SEISAKU-9.jpg



後ろ~
ヘルより幅の狭い間隔です







MG-SHENLONG-SEISAKU-10.jpg





次に胸の外装パーツを
付けます
黄色と赤のパーツをまず合わせ
それを胸にとりつけ~
ここで胸中央に穴が空いてますが






MG-SHENLONG-SEISAKU-11.jpg



ここには別のパーツが
入ります
表現を出すための設計ですね
やだ・・・ここでコクピットハッチ
付いてますが気にしないでくさい






MG-SHENLONG-SEISAKU-12.jpg



次にコクピットハッチです
このグレーのパーツを
赤いのの裏から指し込みます







004_20110407102218.jpg




と、このように
奥にグレーの部分が出ます
これをコクピットの∩に取り付けます





002_20110407102218.jpg




そして最後にこのレンチっぽい
パーツを肩上部に指し込み







005_20110407102218.jpg



完成です!







006_20110407102218.jpg




カラフルな機体色を
上手くパーツ分割して再現、
塗装しなくてもこのように
色分けされてますね

次回は頭部を作ってきます!
ではまた次回~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ