上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のお休みを利用して
やっとシェンロンの本体が完成します!
残すは武器ドラゴンハング・ビームトライデント・
シールドのみ(^-^ )
今まで作ってきたブロックが合体する時って
感動モノですよね!

で、っていう
仕事って大変で結構ストレス溜まっちゃいますよね
解消法ってやっぱり人それぞれだと思うんですが
僕の場合はやっぱガンプラ(関係)の
購入~完成・レビュー紹介までなんですね
でたまーにね





でっかいの欲しいなぁぁぁぁぁぁぁ





とか思うんですよね
デンドロビウムとかいいですよねー(^∀^)




・・・さて電気屋さんにでも出かけてこようかな




ただいま帰りました―
では本編!
の前に買ってきたやつから~





MG-UNICORNGUNDAM.jpg



まさかのユニコーン
残念ながらビックスケールで
欲しいモノ(PGアストレイ・MGEX-S・
HGデンドロビウム)はなかったんで
じゃあどうしようかと散々迷い
リゼル隊長機も置いてないし
HG買いまくろうかとも思ったんですが
無駄に詰むより計画的に
買い物しよう!ってことで決定。
MSゲージ版もあったんですが僕としては
あまりピンとこないんですよね
こちらのユニコーン、
依然カトキ版を買ったんですが
レビューしないで売ってしまったんで
こちらでは初公開です
まあ作ったのもかなり前だし
所々改善されてるということで気にはなってました
でもまあ一般評価は別として
僕実はカトキ版のほうが
デカール・マーキングは良いと思うんですよ
確かに量は多いですがその分
派手になるので
肩の辺りは特に好きで、
別々のマーキングが一つになる瞬間は
感動しました(笑)
水転写デカールも見かけないし残念ですが
新たなユニコーンがどんな感じか
楽しみです(^-^ )
でも相変わらず足長い(笑)
では本編!





冷静に考えるとレビューしようにも
大きさが規格外で頓挫だおっ!(^ω^ )


           だが断る     ・・・
              ( ^∀^)(^ω^;;;)









MG-SHENLONG-SEISAKU-54.jpg



まずは腰からいきます
腰は全11パーツで構成
といってもスカートは別で紹介なので
実際はこれ+スカートパーツになります








MG-SHENLONG-SEISAKU-55.jpg



まずフレームパーツに
ポリパーツを取り付け。
上が腰、下は股関節に接続します







MG-SHENLONG-SEISAKU-56.jpg




反対側で挟んだら上から
もう一個フレームパーツを付けます
これはスカートの接続部に。
穴があいてるほうが前になります







MG-SHENLONG-SEISAKU-57.jpg



次にフロントにフレームパーツを指し込み
その上から黄色いダクトパーツを付けます






MG-SHENLONG-SEISAKU-58.jpg



次に下の穴に
白のパーツをつけて







MG-SHENLONG-SEISAKU-59.jpg



上の穴に赤いパーツを指し込み
フロント完成!








MG-SHENLONG-SEISAKU-60.jpg



次にリア
こちらも同じようにフレームパーツを指し込み








MG-SHENLONG-SEISAKU-61.jpg


 

青い外装パーツを付けて完成!
手抜き?
いいえ設定です








MG-SHENLONG-SEISAKU-62.jpg




さて次にスカート・サイドアーマー部分
分けた理由がコレのせい
腰本体より多い全22パーツで
形も細かいです








MG-SHENLONG-SEISAKU-63.jpg




まずフロントスカートから
フレームパーツに白のパーツを被せ







MG-SHENLONG-SEISAKU-64.jpg




その上から青いパーツを付け
下に黄色のダクトパーツを取り付け






MG-SHENLONG-SEISAKU-65.jpg



裏に接続用パーツを付けて
フロントスカート完成!








MG-SHENLONG-SEISAKU-66.jpg




次にリアスカート
同じようにフレームパーツに
白の外装パーツを付けて








MG-SHENLONG-SEISAKU-67.jpg



同じよ―に
青のパーツを上から被せ完成!




手抜き?
いいえs(ry







MG-SHENLONG-SEISAKU-68.jpg



フロントとリアで比較~
結構違いますね
それでも組む際にはごっちゃにならないよう
注意してください







MG-SHENLONG-SEISAKU-69.jpg




では次にサイドアーマーを。
まず白の外装パーツに
グレーの接続用フレームパーツを付けて







MG-SHENLONG-SEISAKU-70.jpg




同じように青の外装パーツを
上から被せ完成!








MG-SHENLONG-SEISAKU-71.jpg



次に腰下部ブロック
これは上半身と下半身を繋ぐ
部分。
ヘルと同様2パーツで
腰の二重関節化になります




さてここで合体!
とはいかずもう少し続きます~









MG-SHENLONG-SEISAKU-72.jpg




バックパックを作ります
全7パーツです
「内側」をあまりきにしない設定のためか
結構パーツ少なめに思えますが
これでとてもしっかりと
した形になるから凄いです







MG-SHENLONG-SEISAKU-73.jpg



まず基部フレームに
バーニア接続用フレームパーツを付けて








MG-SHENLONG-SEISAKU-74.jpg



もう一つのフレームパーツで
挟みます
ここの表現がよく、
一体成型での整形という辺りが
凄いです







MG-SHENLONG-SEISAKU-75.jpg




青の外装パーツを被せ
その上からバーニアを取り付け







MG-SHENLONG-SEISAKU-76.jpg




最後に中央に
円形状のパーツを指し込み
バックパック完成!
円形パーツは
次回で作るビームトライデントの
柄をマウントする
パーツとの差し替え部分。
ただそこの保持力は作る前から
ちょっと不安ですね





それでは念願の合体!










MG-SHENLONG-SEISAKU-77.jpg




環境のせいか
あまり映りよくありません(汗
がやっと本体完成!
長かった(T-T)
主に更新期間が・・・
あれ?このフリ前にもやった気がする
ツノは大まかな部分をペーパー掛けして
先をデザインナイフのカンナ掛けで
削りました
先っちょをニッパーで切り
表現を付けたんですが
全然みえなくて絶望ですよええ








MG-SHENLONG-SEISAKU-78.jpg




斜めから~
ツノは相変わらずですが
ちょっとわかりやすいかも。
-ご覧のように貴様が挑むのは剣戟の極地-
じゃなくて塗装しなくても
しっかりとカラフルな機体色を再現!
これでツノさえしっかり撮れてればなぁ







MG-SHENLONG-SEISAKU-79.jpg




後ろから
バックパックのサイズが
ちょっと小さいかなって気もしますが
出過ぎず良いバランスだと思います


という訳で本体完成!
次回は武器を作り
完成としたいと思います!
がここで気になる箇所が出てきました
それが頭部のサイドのツノパーツ。
かなりの確率でポロリしちゃいます
もうこれ接着したほうがいいってくらいですね
もともと接続方法が隙間にピンを差し込むという
安定しない状態なので
しゃーないですね
ではまた次回~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。