さてこのブログもあっという間に1年過ぎましたが
カテゴリーで見た場合
もちろんダントツに多いのは
めっちゃどーでもいい日記なんですが
本業であるガンプラ制作に於いて
一番量多いのがなんとMG。
最近特にMGばっか買ってるし
偏ってるなーと感じる一面
次回はのんびりHGの改造でもやってみようかな
ってなるとまーた更新頻度下がっちゃうんですよね
これからどんな方向にこの仮小屋の舵を
切っていくかそろそろ考え時かも。

で次の課題は東京ガンダムEXPO
何が課題かといいますと
前回の2010年東京EXPOレポで
新商品以外の展示品紹介がやたらと多かったことです
もちろん発売済み商品の展示は
会場にボリュームが生まれますし
僕もそれを見て
「おーこんなんあったなぁ」とか
「これこんなんなのかぁ」とか
新たな見識が得られてとってもハッピー!
なんですがレポートとなると
それを全部紹介した場合―特に
2010年版のは半分以上が既に発売されている商品で、
新商品は全体の2割ほどしかありませんでした
2010年版では同一カテゴリー(ガンダムEXPO2010レポート)
内で既発売商品と新商品で一応分けてるんですが
正直中途半端な気がしました(汗
やっぱ静岡ホビーショーをレポしている
ガンプラ秘密工場様エプロン様みたいに新商品だけ
取り上げた方が良いのかな―
僕としては会場に行けない方にも
少しでも会場の空気を味わって欲しいんですが(汗
どっちが良いかは正直分かりませんね

では早速本編!
今回のMGユニコーンは
5月26日出荷予定日(発売は28日と仮定)
のMGダブルオーライザーまでの
わずか二週間の間で完成まで持っていかなければ
行けないというハードル高めな条件です
が、新商品は出来るだけ早く紹介したいし
頑張りませう!






MG-UNICORN-SEISAKU-1.jpg



まず胴の接続ブロック
右の両側に大きめのピンがある
パーツを左の棒に
入れまして









MG-UNICORN-SEISAKU-2.jpg



ひっくり返します








MG-UNICORN-SEISAKU-3.jpg



次にコクピット周辺
まずシートパーツに宇宙服姿の
バジーナフィギュアを付けて









MG-UNICORN-SEISAKU-4.jpg



前からシート兼モニター
パーツを入れて








MG-UNICORN-SEISAKU-5.jpg



上で作ったコクピットと
胴接続ブロックをピンの
最古フレームパーツに付けます
分かりづらいですが
胴接続ブロックは先に紹介した
大きめピンの片側を付ける感じ。
そして反対側でからサンドして











MG-UNICORN-SEISAKU-6.jpg



上下からノーマルフレームパーツ
を差し込みまして










MG-UNICORN-SEISAKU-7.jpg



次に上体下部
ピンクパーツの上から
グレーパーツを被せ
そのまま上の上体に付けます











MG-UNICORN-SEISAKU-8.jpg




次に首関節
丸い下請けの上から
U字の接続パーツを被せまず
このU字パーツ、下はビールジョイントで
本体とくっつくため
可動部が首関節付け根ボールジョイント+
首上部となります
では
上と合わせて本体に接続











MG-UNICORN-SEISAKU-9.jpg




なんかスターウォーズに出てきそうな
体型(笑)











MG-UNICORN-SEISAKU-10.jpg



ピンボケな横から
次に肩関節作りますが
本体脇に大きな楕円の穴があります

な、なんと実は腕の付け根が動きます!



ででーん(棒読み)





・・・まあもちろん実際に作ってる
僕はとても楽しいですが
ご覧の方々はもうMGユニコーン
作りまくってるでしょうし

なんてーか

もうネタバレまくってますよね(爆
やっぱここら辺が
新商品と既発売商品の違いですね
あとは僕がどれだけ面白くするかですが
まあ結果はご覧の通りですよっちゃん











MG-UNICORN-SEISAKU-11.jpg



おバカさんの独り言は置いといて
次に肩関節。
写真の左恥の接続パーツを
隣の基部の○に入れるんですが
実は接続パーツに
びみょーに付き出ている箇所があり
一応可動範囲を制御してます
つまーりここを削れば可動範囲も広がる
算段です
が今回はまだやらないでおこうかと思います
腕作って様子みて、からの方が良いですん











MG-UNICORN-SEISAKU-12.jpg



肩関節と腹周り外装パーツを
付けた状態。
大分体っぽくなってきました
次に肩上部~胸部です










MG-UNICORN-SEISAKU-13.jpg



まず肩上部のバルカン
右の一番小さいヤツを縦にして
隣の白パーツのくぼみに入れ
それを更に隣のピンクパーツの
くぼみに入れると














MG-UNICORN-SEISAKU-14.jpg



このような形になります
先が綺麗にそろいます
で下の⊂部分を












MG-UNICORN-SEISAKU-16.jpg



このように肩上部パーツの
脇にありピンに取り付け~
なーんとなんとこのバルカンブロック
展開と収納が可能!












MG-UNICORN-SEISAKU-15.jpg



次に胸部ブロック
ピンクパーツの裏にある
浮いている線に白外装パーツを
挟み前にグリッと持っていきます
左、白パーツの中央周辺に
穴があいてますが丁度そこに
ピンクパーツの線が潜り干渉しない感じになってます
そして!この白外装パーツも
開閉が可能っ
良く考えてるなぁと思える部分。












MG-UNICORN-SEISAKU-17.jpg



でわ装着
まず胸部ブロックを
本体にくっつけますがこの時点では
胸部ブロックは一つも抑えがありません
で上部の太めピンに












MG-UNICORN-SEISAKU-18.jpg




上から肩上部ブロックで抑え
これで本体の骨格、サイコフレーム完成
胸部ブロックは肩上部で
繋いでいるだけなので
上体で一番不安定。でもそれも実は仕様です












MG-UNICORN-SEISAKU-19.jpg




次に背中の丁度脊髄の辺りに
パーツを一つ。
ご覧のようにこのパーツ、
本体カブブロックの抑えにもなってますが
なぜーか接続部が二か所。
実は本体カブも引き延ばせます!
さて何故でしょう







空気読む→わっかんない!だお(^ω^ )

空気読め→実は・・・おっとこんな時間に誰か来たようだおっ( ^ω^)









MG-UNICORN-SEISAKU-20.jpg



そして背中に外装パーツを貼り付け











MG-UNICORN-SEISAKU-21.jpg



本体脇に前後から
外装パーツを挟みます
ここで注意。
この前の方の外装パーツ、
胸部の外装パーツと干渉します
そのまま肩外装を
付けようとすると壊れてしまうので、
対処法①
いったん胸部外装を開き、
肩外装を差し込んでから肩外装を
少し広げて胸部外装を閉じるようにすると
結構すんなり入ってくれます
ただし無理な力は入れないでください

対処法②
ぶっちゃけ肩を展開させるとかなり
楽でかつパーツを壊す可能性もめっちゃ低いです
が空気的にここは①を選びます

展開?何それ美味しいの?

ちなみに②の場合、後ろの外装を
先に付けると持ちやすくなって効率アップです











MG-UNICORN-SEISAKU-22.jpg



後ろから。
ほぼカバーされてます
残すは首周りのみ











MG-UNICORN-SEISAKU-23.jpg



次にコクピットハッチ
ここでも注意ですが左はじの
接続パーツ、手前には何もありませんが
奥の方に線があります
この線のある方を右のフレームパーツの裏に付け、
その上から白外装パーツを被せて完成。












MG-UNICORN-SEISAKU-24.jpg




最後に肩周り外装を被せ
上体完成!
パーツ数は全39コ。
さすがMG、更にこのMSは
写真ではうまーく見せてますが
全身ギミックのかたまりです(笑)












MG-UNICORN-SEISAKU-25.jpg



裏は特に何の変哲もない
ごくふつーの背中。
では今回はここまで。
でもRGエールストライクのほうが
圧倒的に時間かかります(笑)
いやー組んでて楽しいです
次回は頭、時間があれば腕まで行きたいですが
分けるか一本にするかはまだ考え中。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ