上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お待たせしました(汗
どーでもいい駄文とかはちょくちょく入れてるんですが
本業のプラモとなると更新するには
組み立て・写真撮り・写真編集
でやっと記事が書けるのでなかなか
時間が取れないと厳しいですん
まあそれで時間ない日は
ちょびちょび他のガンプラ作ってるんですがね(爆
その時間をこれに充てればもっと早く
更新出来るんですが・・・
まあ「やる気」の問題かな(汗
ちなみに現在は先日購入した
HGセラヴィー&セラフィムのトランザム
グロスインジェクションを並行して制作中。
でもRGとは違いほとんどが
モナカなHGで「制作日記」は書けないかなぁ
と断念しレビューにしようと思います

ところで、ホビーオンラインショップから
また限定商品が発売されるそうです
内容は
①HGUC ジム改 スタンダードカラー&ボール改修型 2100円
②HG   バウGBPカラー&ザクⅠスナイパータイプGBPカラー 2730円

の二つ。
予約は5月25日の13:00から開始とのこと。

それでは本編-

前にお買いものから・・・

え?また買ってきたの?
すいませんまたなんです





MG-WINGGUNDAM.jpg





























まず?は
MGウィングガンダムVer,Ka
定価3500円
既に一個持ってるんですが
安かったので購入。

















MG-GUNDAM-F91.jpg






































次?にMGガンダムF91
定価3200円
前世であるプラモ部屋と現在の仮小屋
合わせてもまだ紹介していない貴重(?)なMG。
この色変え番であるハリソン専用F91は
レビュー済みですが
こちらにしか付属しないラフレシア型台座は
もちろんハリソン機には付属しません
でも個人的にハリソン機の方が好きっていう
自分は変わってるのかも?



そして今回最後のお買いものは
これまた珍しく僕のブログにはそれこそ
色変え番すら出てこないMG。














MG-ACGUY.jpg



MGアッガイです!
定価4000円でMGユニコーンより
箱が大きい不思議。
まあ単に一個一個のパーツが
大きいだけなんですが箱が大きいのって
やっぱりワクワクする自分は変態ですね分かります
これもずーっと欲しかったんですが
やっと安いの見つけて購入。
フレームの一部にザクからのパーツ
の流用設定を再現するべく
動力パイプがあったりしますが
パーツは全て新規です

あーあ・・・見事に全部MGですね
これでまたKのガンプラの巨塔が一段高くなります

ところで今回一つ一つの
購入価格が書いてませんが実はこれ
3コセットで購入です
そして気になるお値段は~?

気にならないけど( ^ω^)




・・・( ^∀(;;;^ω^)


3コまとめてなんと5000円。
3で割ると大体一つ1666円になります
やすっ!
そしてなんと!
ガンプラが天井に辿り着いてしまうことがわかりました!
ちなみにKのお部屋は縦2mと50cmくらい。
そしてこの記録はあくまで未組み立てでなおかつMGのみ
で横にして積んだ状態。
HGとRG、1/100は
入るスペースありません
更に今日買ったやつもどれも入れません(笑)
これは二列目に挑戦・・・ってなんか
目的変わってる気もしないではないですん



では本編!


しかし新しいカメラはやっぱ凄いですね
お買物のパケ絵も鮮明度がまるで違う(汗
以前の3倍きれい
そう・・・僕のカメラはK専用ですからね!
これは今年のガンダムEXPOも
楽しみです(^-^ )

・・・どーでもいいですけどね

後今回も頭部のみで
すぐ終わっちゃいます(´・ω ・`)ショボボーン
その代わりというか今回は前振りが異常に長いです(笑)
















MG-UNICORN-SEISAKU-26.jpg




まずは久々全パーツ写真
MGユニコーンの頭部は全14パーツで構成。
尚今回「アニメ版」と「カトキ版」での
表現の違いがあるパーツがあります











MG-UNICORN-SEISAKU-27.jpg




まず右パーツの左上にあるミゾを
左パーツの中央にあるミゾにはめます
そしてスライドさせることによって
外れないようになります












MG-UNICORN-SEISAKU-28.jpg



次にフェイス
まず一番上のグレーパーツに
モノアイシールを貼り付け
それをピンクパーツの裏に付け、
最後に白フェイスカバーを被せ完成。












MG-UNICORN-SEISAKU-29.jpg



ここで見ると結構な悪顔。
あれこの人悪役だっけ?












MG-UNICORN-SEISAKU-30.jpg



次に初めに組んだフレームに
悪顔の上部をはめます
そうするとトサカが出来ます












MG-UNICORN-SEISAKU-31.jpg



そして後ろのピンに
ピンクパーツを両側から挟みます




ピンにピン ク



・・・








MG-UNICORN-SEISAKU-32.jpg



その上から白外装パーツを被せ











MG-UNICORN-SEISAKU-33.jpg



前方にある浅い凹に
白のこれまたフェイスパーツを付けて










MG-UNICORN-SEISAKU-35.jpg




戻してとさか外装を上から被せます











MG-UNICORN-SEISAKU-36.jpg



さてここで「カトキ版」と「アニメ版」の
表現の違うパーツが登場。
もちろん基礎はほとんどカトキ版なため、
新規パーツを付ける場合でも
このようにもともとあったパーツも付いているため
実質「選択」式な訳です
頭頂部カバーは結構違いがありますが
横のが外装は大した違いはありません
右がアニメ版、左がカトキ版。
今回は一応アニメ版でいきます













MG-UNICORN-SEISAKU-37.jpg



そして頭頂部カバーと
脇外装をつけるといままでと
雰囲気(何故か変換できる)が
ガラリと変わり
落ち着いた印象に。












MG-UNICORN-SEISAKU-38.jpg



最後に不可動一本ツノを付けて頭部完成!
まあもちろんこの頭の中にも
隠された何か(棒読み)もあるんですが
折角だし最後までユニコーンで行こうかなぁと

ちなみにこのツノ、
カトキ版の「不可動一本ツノ」・「可動式ツノ」
に加えアニメ版で「不可動展開ツノ」の三種類が付属。
カトキ版で可動式ツノの評判があまり良くなかった
(接続部が折れやすい・スレる)ためですかね

では今回はこんな感じで
次回は肩~腕を作っていきます(^-^ )
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。