さて六回目ですがまた予定を変更して
脚のみを作っていきます
というのも、腰を作って写真撮ってるうちに
かなり写真量が多くなってしまい
一回分がかなーり長くなっちゃうためです
なので今回で足全体は完成しますが
下半身+全体写真は次回になります(汗

ところーで
今月の新商品の発売日が公表されますた

7月9日(土):HGUCジムⅢ

7月23日(土):RG量産型ザク

となります
ガンプラ関連はこの2商品のみ。

 









MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-80.jpg



ではまず足首ブロックから行きます
エピオンの足は
「龍っぽき表現」を出すために
そこかしこに関節部を設けているため
ヒジョーにウネウネと動きます













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-81.jpg



まず上下にボールの付いた
ABSパーツをも1個ABSの
足首フレームパーツに付けて
もう片方のフレームパーツで挟み













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-82.jpg



その上から左右に
カバーパーツを被せて













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-83.jpg



片側に黒の羽パーツを
付けて完成!
この黒い羽をつける箇所が実は左右にアリ、
左右分同じランナーを使用するために
左右に対応した取り付け箇所があるのですが
羽は1枚しかないので付けていない方の
穴が丸見えでちょっとせつないです

これで関節部は1か所。












MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-84.jpg



では次に脚を作っていきます
パーツ量は多く全25パーツ。













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-85.jpg



まずは股関節ブロック
カバーパーツに裏から太めのピンが付いた
ポリパーツを入れて












MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-86.jpg



股関節カバーパーツを
前後からポリパーツのピンに挟み完成!













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-87.jpg



次に脚を作ります
まずは太ももフレームから
フレームに股関節接続用ポリパーツを入れて













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-88.jpg



そしてスライド用パーツを前の
細長いスキマに入れて
反対側のフレームパーツで挟みます













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-89.jpg



次に脚を繋ぐフレームパーツの
右側にポリパーツを埋め込み













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-90.jpg



次にスネフレームパーツ下部に
足首接続用ポリパーツを付け













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-91.jpg



先程の繋ぎフレームパーツを
スネ下ブロックに取り付けます
若干スキマがあるのが分かるかと思いますが
これがデフォで、変形した時にこれを
伸ばすことにより可動域を広げ
より龍らしいウネウネっぽさを表現します













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-92.jpg




そしてこの繋ぎフレームと
先程の太ももフレームブロックを
ヒザフレームパーツで繋ぎ
まず反対側のヒザフレームパーツで挟みます













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-93.jpg



そして繋ぎフレームを覆うように
またカバーパーツを被せます
ここら辺ちょっと組み立てに苦戦してしまいました(汗
結構複雑な構成なので
慎重に組んでいくことをお勧めします













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-94.jpg



反対側の被せフレームパーツを付けると
このような形になります
これでフレームは完成。













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-95.jpg



次に外装を付けて行きます
まずは膝の外装を付けて行きます
まず表からと













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-96.jpg



裏からの2個付けます
脚の外装はちょっと似た形が多く
間違えやすいので気を付けてください













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-97.jpg



次に下の外装を付けて行きます
これも上と同様前と













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-98.jpg



裏の2か所に取り付け。
間にフレームが出ているのはデフォです













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-99.jpg



そして前の上下2か所にツノパーツを付けます
上が大きく下が小さいパーツ。
このツノパーツもちょっと付けにくいので注意です
取り付け箇所も細いので力を入れると
すぐパキッと折れてしまうと思われます













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-100.jpg



最後に太もも外装。
これも前後から挟む形です
ちなみにこれでエピオン制作100枚目の写真。
流石にダブルオーライザーには及ばないと思います












MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-101.jpg



裏からも。
左右の脚の唯一の違いです













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-102.jpg



合体!
今までと一回り太く
めっちゃマッシブ。
あとかなり脚長いです
可動部は足まで入れて計5か所。
ヒザ二重・繋ぎフレームの可動・足首二重です













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-103.jpg



後ろから













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-104.jpg



横から
ツノが良い感じです













MG-GUNDAM_EPYON-Seisaku-105.jpg



脚のみ変形(?)
前回の足でいってたギミックがこれ。
足底にキバっぽい表現があり
開くことにより「龍の顔」を表現。

では今回はここまで!
いやー足が一番苦戦ですね
今までのサクサクがうそのようです(汗
これを2本作らなきゃいけないので
大変です(汗
といってももう完成してるんですがね!
では次回腰作って本体完成!
明日アップ出来ると思います(^-^ )
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ