最近気になって仕方ないことがあるんですが
今年のガンダムEXPOなんですが
開催するのかどうか心配で心配で夜も寝れないです
もちろん開催してほしいんですが
今年の東日本大震災を受けての自粛という
可能性もあるんですよね
例年であればもうそろそろ開催日時が公表される頃
だと思うので開催されるのかされないのか
気になってます
でー
前回紹介したレジンをちょこちょこ進めてました












SD-REJIN-KSHATRIYA-1.jpg




見てもらえれば大体分かるかと思いますが
モノはSDのクシャトリヤです
原型はCLUB-Mさんで、
2010年のキャラホビで販売されたものです
流れ流れて僕のところにやってきてくれたので
しっかり完成させたいですね!
このレジンのクシャトリヤは関節を三国伝で主流の
ポリボールを使用することで可動キットになりますが
まあ流石にレジンだけあって
すんなりと完成させてはくれなさそうです(汗
ここまでは瞬接の点止めで
きてますが「可動キット」として完成させるには
どうしても真鍮線をいれないといけない箇所があります
①腰②バインダー接続アームの肩側③接続アームのバインダー側
ですが特に③が厚みもなくそれでいて
かなりのGがかかる(バインダーがレジンの塊)ので
ここを可動にするのはかなり大変そう。
とりあえずバインダーは不可動として
処理するのが無難ですかねぇ












SD-REJIN-KSHATRIYA-2.jpg



ななめから
めっちゃ重厚です
ここまでの工程は①バリ取り②洗浄
③ゲート痕の処理④サフ吹き
までです
こっからはまずバインダーの接続部分に
真鍮線をいれて各部の組み合わせ確認後
一度ばらして塗装後に再組み立てて
最後にトップコート吹いて完成にしたいと思います












SD-REJIN-KSHATRIYA-3.jpg




横から
作りはしっかりしてて
感激できます(^-^ )
後に発売されるBBSDクシャトリヤと
比較しても面白いと思います
体格も違ってますからね
特に頭のツノが長い(笑)












SD-REJIN-KSHATRIYA-4.jpg



最後に後ろから
めっちゃずんぐりで密度も濃くとっても僕好みです(^-^ )
ところでこのクシャトリヤ、
武器(ビームサーベル)がないです
あまり「可動キット」としての構成ではないのかもしれませんね
肩の穴にバインダーの接続アームを取り付けるんですね
では今回はここまで。
次回はー・・・未定で(汗
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ