上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハーイという訳でね
何カ月ぶりかの本業は
ヘビーアームズとかフリーダムとか
FAユニコーンとかをスカッと
飛ばしてデュエルです・・・
正直これに手を出したことを
今は後悔してます(汗

実はですねぇ
丁度ピンポイントでジャストタイミングで
ボディーのパーツ切り終わったところで
ピンポーンてね
請求のパーツがてへっ来ちゃった的なね
で中身を確認して驚いたのが




SQpart.jpg



なんとしっかりポリ袋に梱包されてたんですね
これじゃ時間かかっても仕方ない
こんなところにまで気使いがあるんですね!

ですがこいつの出番はまだ先になります
もちろんデュエル先にやります
何故かって?好きだから!

・・・つ、次に新商品情報です

MG マラサイ 5月発売 4200円

MG ブリッツガンダム 6月発売 4200円

HGUC アンクシャ 5月発売 2730円

HG M1アストレイ 6月発売 1470円

RG ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様) 4月発売 2625円
RG ガンダムMk-II(ティターンズ仕様) 4月発売 2625円
 
MG ユニコーンガンダム2号機 バンシィ 3月発売 5775円

HGUC デルタガンダム 3月発売 4410円

HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.) 3月発売 1785円

MG ガンダムAGE-1 タイタス 3月発売 3675円

MG ガンダムAGE-1 スパロー 4月発売 3675円

BB戦士 ガンダムAGE-2 5月発売 1050円

BB戦士 レジェンドBB騎士ガンダム 4月発売 1050円

こんな感じです-
新たにMGマラサイ・ブリッツが追加です
マラサイは組みやすさと完成度の両立に
重点を置いているようでモノアイ発光ギミックの
搭載も検討されている模様。
ブリッツはデュエルガンダムのランナーを
流用し同系統らしさを出すみたいです
それと注目はいよいよ商品化のレジェンドBB!
第一弾は騎士ガンダムです!
これはめっちゃ期待ですね(^-^ )

ではちょい長くなりましたが本編~







MG-DUELGUNDAM-A_S-1.jpg



まずは久々パーツ紹介
今回は特にボディーフレームが特徴的
1パーツで大部分のフレームを再現。
他にも似たようで違うパーツもあるので
注意ですねー













MG-DUELGUNDAM-A_S-2.jpg



まず腰との接続ブロックです
ボールの付いたパーツに
関節パーツを入れて挟むのですが













MG-DUELGUNDAM-A_S-3.jpg



似た感じのパーツがあるので注意です
左右が肩関節パーツ、真ん中が
今回使うパーツです












MG-DUELGUNDAM-A_S-4.jpg



挟むと可動接続軸付きの
胴フレームに。












MG-DUELGUNDAM-A_S-5.jpg



次にボディーフレームに
パイロットフィギュアと
先程の胴フレームを付けます











MG-DUELGUNDAM-A_S-6.jpg



こんな感じに
これで胴フレームは
ボディーとの接続部に横1関節、
腰ブロックで縦1関節、
腰との接続にもボール1関節の
3重間接になります











MG-DUELGUNDAM-A_S-7.jpg



次に肩関節です
ここはいたって普通です












MG-DUELGUNDAM-A_S-8.jpg



肩関節をボディーフレーム上部に
首関節を前から押しこむように
それぞれ取り付け
やっとボディーらしくなってきました













MG-DUELGUNDAM-A_S-9.jpg



肩関節のギザギザに
ブルーのカバーパーツを被せて












MG-DUELGUNDAM-A_S-10.jpg



胸部フレームパーツに
ダクトパーツを付けて前から、
ネックカバーパーツを上から
それぞれ付けて行きます













MG-DUELGUNDAM-A_S-11.jpg



こうなります
で上から更に襟カバーフレームを入れます












MG-DUELGUNDAM-A_S-12.jpg



次に下から胴周りの
カバーパーツを入れて












MG-DUELGUNDAM-A_S-13.jpg



脇腹のカバーパーツを
左右に取り付け-
左右で形が若干違うので注意です












MG-DUELGUNDAM-A_S-14.jpg



胸部・背部カバーパーツを
被せますが背部には
今回初ポリパーツを埋め込みます
これでバックパック取り外しても
へたり防止になります













MG-DUELGUNDAM-A_S-15.jpg



組んでみた図
左右に細い穴がありますが
ここには後で組む
アサルトシュラウドの
ボディーアーマーの接続ピンが
入ります・・・けど
もうちょっと何とかならなかったかなぁ













MG-DUELGUNDAM-A_S-16.jpg



次にコクピットハッチその①
これは下部に付けるものです
フレームパーツを付けるだけの簡単なお仕事












MG-DUELGUNDAM-A_S-17.jpg



こんな感じ~












MG-DUELGUNDAM-A_S-18.jpg



最後にコクピットハッチその②
こちらは上部に取り付けるモノです













MG-DUELGUNDAM-A_S-19.jpg



ここでフレームパーツは
本体取り付け箇所に
微妙な段差があります
長い方が上、短い方が下になります













MG-DUELGUNDAM-A_S-20.jpg




ボディー完成!
なんかこれだけで顔に見えてしまう不思議
ちなみに下はまだボールのままなので
立たせる時は腰フレーム使ってます
バリがそのままです
やっぱり胸の穴が気になりますね













MG-DUELGUNDAM-A_S-21.jpg



次にバックパックです
こちらもアサルトシュラウドに
換装できるようにするため
細かいパーツ分割がされています













MG-DUELGUNDAM-A_S-22.jpg



まずはスラスター四基
スラスターパーツは
片方が段差が付いていて
もう片方は平らです
段差の方は上に、平らの方は下になります













MG-DUELGUNDAM-A_S-23.jpg



スラスターを本体フレームパーツの
棒に入れます
これだけで十分に見える不思議













MG-DUELGUNDAM-A_S-24.jpg



次に下のスラスターに
カバーパーツを被せ













MG-DUELGUNDAM-A_S-25.jpg




上スラスターの上とバックパック本体に
カバーパーツを被せまして












MG-DUELGUNDAM-A_S-26.jpg




裏にメカニック表現のついた
フレームパーツを埋め込みます
この表現は何気に凄い












MG-DUELGUNDAM-A_S-27.jpg



そして上スラスターに
下スラスターと同様のカバーパーツを
上から被せます
このカバーパーツも上は段差があり、
下は平らになってます












MG-DUELGUNDAM-A_S-28.jpg



最後に左右に突き出た棒に
ビームサーベルのマウントパーツを
左右に付けてバックパック完成!

という訳でちょっと長くなりましたが
第一回は無事終了。
次回はヘッドを作ります
やはりボディーだけでは
なんとも評価しがたいので
早めに更新したいと思います

次回ヘッドのみの理由は
もちろん例のあれの紹介も兼ねる予定だからです
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。