上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はいまさかの二本立てですが
一気にやるよりかは
見てくださる方の疲労も削れるんじゃないかな
って勝手に思い区切ることに。
先に④をみてくださいね!(宣伝)

ところで早くもBBで
AGE-2が発売されることに!
まぁAGEをプッシュしたい気持ちもわかりますが
たまには過去に戻ってね
まだ商品化されていないザクタンクとか
サイコミュザクとかそーいうの
出しても良いんじゃない?
SDなら人気出る!・・・はず
いやいっそレジェンドの仲間入りに・・・むり?

ところで(2回目)
今月発売のバンシィですが、どうやら
一般に販売する方ではツノや首回りの
金の部分は金メッキではなくイエロー色になるようです
ホビーオンラインショップで販売する
「小説版(ユニコーンと同様の装備)」では
そのランナー丸ごと金メッキになっているようです













MG-DUELGUNDAM-A_S-72.jpg



まず腿のフレームブロック
腿フレームパーツにシリンダーパーツと
ポリパーツを入れて挟み












MG-DUELGUNDAM-A_S-74.jpg



次にヒザ外装フレーム
ヒザ可動フレームに脚フレーム
連結用の小さいパーツを取り付け
ここは左右でピンの向きが違うので
良く見て組む必要があります













MG-DUELGUNDAM-A_S-75.jpg



上で作ったブロックを
ヒザ関節フレームパーツに
付けて行きます
ここでヒザ関節フレームに
小さなミゾがあるの分かります?
この溝どうみても膝の可動に合わせるように
掘られているんですが
デュエルガンダムではしようせず、
ここに不自然な穴が空いてるんですよね
なので発売が決定しているブリッツで
使用するのかもしれません












MG-DUELGUNDAM-A_S-77.jpg



次に上で作ったフレームブロックを
次はスネフレームパーツに入れ、
足接続用のポリパーツを入れて挟みます
スネフレームに付けるヒザ可動フレームの
小さいパーツは外れやすいので注意です












MG-DUELGUNDAM-A_S-78.jpg



フレームの可動域は優秀で
十分に曲がりますが
ここから装甲を付けるとどうしても
制限される個所が出てきます












MG-DUELGUNDAM-A_S-79.jpg



次に装甲を付けて行きます
まず腿の表裏にそれぞれ













MG-DUELGUNDAM-A_S-80.jpg



微妙な変化ですが
腿表の装甲パーツの上部に
ABSのパーツを付けます
上の写真と間違い探し?












MG-DUELGUNDAM-A_S-81.jpg



次にスネの両サイドに
フレームパーツを付けます
付ける位置が低いため
フレームの一部は付き出る形になります












MG-DUELGUNDAM-A_S-82.jpg



次にその上から外装パーツを被せます
二種類あるんですがなんか
1パーツに見えてしまってます
微妙に周りに干渉するので
外装パーツの上を先に入れるようにすると
干渉せずにはまります












MG-DUELGUNDAM-A_S-83.jpg



次に足首の関節ブロック
パーツを合わせるだけです












MG-DUELGUNDAM-A_S-85.jpg



足首ブロックを脚のポリパーツに入れて
膝にフレームパーツを付けます
特徴的な外装周りのグレーを再現ですね












MG-DUELGUNDAM-A_S-86.jpg



前回で作った足を合体!
可動範囲は後ろのやつです
ヒザの可動範囲はかなり広いのですが
足が一昔前といっても良いような構造で
足さえもっと動くようになれば
相当な可動が期待できます












MG-DUELGUNDAM-A_S-87.jpg



最後に股関節軸ブロック
全てABSパーツです
ここも簡単な構造ですがABSの恩恵は
よほど凄いものなんですね













MG-DUELGUNDAM-A_S-88.jpg



足完成!
今回も特に難しい個所は無く
サックサク進められました
一番苦戦したのが外装付ける時くらい?
苦労なく組むことが出来ました
実は次回分の写真も既に完成してるので
明日にも更新出来ます
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。