上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
えーなんとね
色々とすっ飛ばして第9弾のRG商品が公表されました
それは僕の予想の斜め上を行ってました・・・

7月新商品予定
RG 1/144 ZGMF-X09A ジャスティスガンダム
BB戦士 No.373 LEGEND BB 武者頑駄無
BB戦士 No.372 AGE-3 ガンダムAGE-3 (ノーマル・フォートレス・オービタル)

という訳で次回RGはジャスティスになるようです
僕の予想はニューガンダムでした
とりあえず主人公機を出していくのかなー
って思ってたのでまさかまさか?
嫌確かにSEEDではジャスティスも準主役的ポジションですが
流石に予想が当たった方は少ない・・・と思います(笑)












RG-Mk2_T-36.jpg



では続き行きます
まずはアドバンスドジョイントから
腰フレームと股間接フレームを取りだし













RG-Mk2_T-37.jpg



腰フレームから伸びている
6本のアームを90°まわしたら
股関節フレームの上に重ねます













RG-Mk2_T-38.jpg



前回で作った足フレームを
ここで合体させます
これで下半身フレーム完成!

※ふくらはぎフレームは外側が短く
 内側が長いです











RG-Mk2_T-39.jpg



ではっ次に上半身です
まずはアドバンスドジョイントから
腕フレームを取り出します













RG-Mk2_T-40.jpg



次に肩関節付け根と
その下にある
小さな三角形のナゾパーツを
90°動かします
そして手を180°動かして
正しい位置に持っていきます














RG-Mk2_T-41.jpg



次に先程動かした三角形のブロックと
ヒジに伸びていたコレまた妙な
箇所を腕フレームに押し込むと
ここがスライドするようになります













RG-Mk2_T-42.jpg



次にヒジ関節に
薄いグレーのカバーフレームパーツを被せます
ここはヒジを曲げた状態で入れると
楽に取り付け出来ます













RG-Mk2_T-43.jpg



最後に付属の手に
甲カバーパーツを取り付けて
腕フレームは完成となります
色々と被せた足フレームと違い
細かいパーツをちょこちょこ
取り付けて行くのでかなり細いです













RG-Mk2_T-44.jpg



最後のフレームはボディーです
特徴は肩関節に有り
アドバンスドジョイントならではの
接続方法になってます













RG-Mk2_T-45.jpg



ここからは腰フレームを支えにしていきます
まあずはネックカバーパーツを被せて














RG-Mk2_T-46.jpg



次に後ろから赤い半○のパーツを取り付けます














RG-Mk2_T-47.jpg



そして前からも赤いパーツを取り付けると
特徴的な全天周コクピットになります
流石に内部までは再現できませんが
コレが1/144であることを考えると凄いですよね













RG-Mk2_T-48.jpg



ここで先程作った腕フレームを
ボディーフレームの肩関節に有る
ピンに接続します
これがRGならではの構造で
なんと関節が90°せり出すという
人間並みの可動範囲の拡大を成し遂げています













RG-Mk2_T-49.jpg



次にボディーの
カバーフレームです
ボディーカバーフレームの両肩に
可動式の肩当てパーツを取り付けます













RG-Mk2_T-50.jpg



これを本体フレームに取り付けます
腕フレームの方にも
肩当てに似た箇所がありますが
丁度隙間を埋めるように肩当てが来るので
干渉なく可動域を維持しています













RG-Mk2_T-51.jpg



次にフロントカバーフレームです
こちらはグリーンのクリアパーツを取り付けます
これはのちのちセンサーになるものです













RG-Mk2_T-52.jpg



これで上半身完成!













RG-Mk2_T-53.jpg



最後に下から腹カバーパーツを被せて合体!













RG-Mk2_T-54.jpg



前から
足とボディーは
カバーフレームを付けているため
外装を付けた状態並みにマッシブで
対象的に腕はほぼそのままなので
ひょろひょろです

※ふくらはぎはなんとかかんとかです











RG-Mk2_T-55.jpg



ちらりと見えるコクピットの赤と
センサーのクリアグリーンが
良いアクセントになってます


※ふくらはぎは外が短いです












RG-Mk2_T-56.jpg



後ろは足のメッシュパイプが
毎度のことですがいい味出してます

※ふくらおはぎは内側があんこです



という訳で三回目はフレーム完成まででした―
流石に既に出来上がっているフレームだと
ここまではサックサク進めることが出来ます
それでいてぐにゃぐにゃ動くので
ホントガンプラの最先端らしい駆オr比ティーですね
次回は足の外装を付けて行きます
ではまた次回!



・・・可動ポーズ取り忘れ

じ、次回余裕があれば出しておきます・・・余裕があれば
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。