最近昔の記事を読み返していると
人って変わるんだなぁ・・・と
思い知らされることが多くなってきました(笑)
おもわず書きなおそうかとも思ってしまいますが
まぁ初心者っぽい感じでなんとかかんとか

という訳で今回はHGはAGEより
いつのまにやら第三期機体
ガンダムAGE-3をご紹介。
デザインは世代踏襲ですが
進化さを感じるようにか
ある程度の「特徴」が出ている気がしますね
AGE-1は換装、2はフォームチェンジ
そして3になり新たな要素である
ゴアの分離とそれぞれ形を変えつつも
全てに「変化」が入ってます
もしかしたら今後のガンダムにおいても
それが入ってくるのかもしれませんね

とか上手いこと(?)言いつつ
ガンダム関連情報
ガンプラビルダーズ2012の
コンテスト作品の募集受け付けが開始されました
募集期間は5月21日~9月5日まで。
「改造」へのきっかけとして
作品を作ってみるのも良いかもですね!

次に付録情報
7月25日発売の電撃ホビーマガジン9月号に
「AGE-2アルティメス」改造キットの付属が決定。
HGのAGE-2ダブルバレット(別売り)と
合わせることでアルティメスの再現が出来るみたいです
では本編です









HG-GUNDAM_AGE-3_N-1.jpg



―ガンダムAGE-3-
火星に移り住み地球に復讐しようと
襲ってくるヴェイガンに対抗するため
フリット・アノスが設計・開発した機体で
孫に当たるキノ・アノスがパイロット。
新世代MSとしてコアファイターと
Gウェアの分離・合体により感想を行う。
Gウェアは火力重視の[フォートレス]と
機動性重視の[オービタル]がある。













HG-GUNDAM_AGE-3_N-2.jpg



フォルムは1・2と比べ
全体的にマッシブで
火力重視感がします
1が凡庸、2がスピード重視ですね














HG-GUNDAM_AGE-3_N-3.jpg



背中にはコアファイターと
兼用のバックパックが付いてます
コクピット部はクリアグリーンの
パーツを使用。
ただ内側に光を反射する
ものがないので暗くなります













HG-GUNDAM_AGE-3_N-4.jpg



可動箇所は首二重・肩二重・肩アーマー接続部
上腕付け根・ヒジ関節二重・手首付け根
腰ボール二重・股関節
足付け根・腿上部・ヒザ関節二重・足首二重
可動域としては肩が
外装に干渉してしまう為
腕があまり上に上がりません(100~110°ほど)
その他は非常に優秀ですが
ヒジ・ヒザ関節も干渉があるため
170°ほどまでしか曲げることが出来ません
足首はダブルオーガンダムのような
構造なので接地性は抜群。













HG-GUNDAM_AGE-3_N-5.jpg



武器①ビーム・サーベル
AGE共通の形で
取り付け部分が平らなパターン。
柄・刃とも2本付属。














HG-GUNDAM_AGE-3_N-6.jpg



サーベルの柄は
腕の裏に付いている
アーマー内部にマウント可能。
かなりぎっちぎちなので
塗装剥げには要注意です




満員電車並みの窮屈感










HG-GUNDAM_AGE-3_N-7.jpg



武器②シグマシスライフル
大口径・第火力を誇る
破壊力を出す分消耗エネルギーも大きく、
そのため出力の大きい
ジェネレーターを設置してある。
持ち手部分が特徴的。
左手には平手が付属。



下の二つは完全場違い













HG-GUNDAM_AGE-3_N-9.jpg



シグマシスライフルは
背中にマウント可能。



どうやって取り外すんだろう・・・











HG-GUNDAM_AGE-3_N-10.jpg



本商品には
アームが2本あるアクションベースが付属。
別売りのアクションベース2がなくても
かっこいいポーズを実現!
アームは差し替えで各3段階の
角度調節が出来ます













HG-GUNDAM_AGE-3_N-11.jpg



更にベースの裏側に
手首をホールドすることが出来ます












HG-GUNDAM_AGE-3_N-12.jpg



ビーム・サベールの刃は
柄をホールドするアーマーの
先端にも取り付け可能です













HG-GUNDAM_AGE-3_N-13.jpg



コアファイターとGセプターへの
分離変形には
HG可変機おなじみの専用ブロックを使用します













HG-GUNDAM_AGE-3_N-14.jpg


Gセプター
AGE-3のノーマル用換装ウェア。
シグマシスライフルの形態により
単機での戦闘も可能。













HG-GUNDAM_AGE-3_N-15.jpg


姿勢は前傾で
なにより重いので
付属のベースでッ飾る場合は
下のアームをベースの内側にする必要があります
変形自体はコアを外して
各ブロックを少し位置調整するだけ。













HG-GUNDAM_AGE-3_N-16.jpg



コア・ファイターは
外しておいたフェイスブロックを
バックパックの裏側に取り付け













HG-GUNDAM_AGE-3_N-17.jpg



フタをすると
フェイス部は完全に隠れます
これには感激しました













HG-GUNDAM_AGE-3_N-18.jpg



アームが2本ある理由がここにありました
コアファイターと
Gセプターの並んだポーズがとれるんですねー
原作ムード漂いますね













HG-GUNDAM_AGE-3_N-19.jpg



最後に兄弟機AGE-2と並んで。
一応兄弟機らしい
雰囲気はありますが
全く違う形になってますね

という訳でHGはAGE-3ノーマルでしたー
今回はかなーりサクッと進めたので
ネタとかは一切入ってない
マジメ記事になってしまいました(ました?)
かなり組みやすく初心者や
お子さんの方々にもオススメできる一品です(^-^ )

最後に・・・ガンプラの観点からですが
フロントスカート、一応製品では
くっついた状態でなんか切り外しても
良さげな雰囲気ですが切り離すと
スカートゆるゆるでポロリしまくるので
切り離す場合接着剤等で太らせる必要があります。
スポンサーサイト
最近昔の記事を読み返していると人って変わるんだなぁ・・・と思い知らされることが多くなってきました(笑)おもわず書きなおそうかとも思ってしまいますがまぁ初心者っぽい感じでなんとかかんとかという訳で今回はHGはAGEよりいつのまにやら第三期機体ガンダムAGE-3をご...

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ