いやーホントお久しぶりで御座います(汗
僕自身ここまで更新しないのも
かなり久しぶりだとは実は思ってませんが
でまぁ更新もしないで何してたかっといいますと
熱中症で倒れてました(^ω^;)
いやホントね、暑い時期の外仕事は
長時間だと軽く生死の境目を往復できちゃうので
皆さん軽く出かけるときでも
水分補給はお忘れなく!
とここまでは生存報告的な意味合いが強いです(笑)
もちろんガンプラはこれから作ります。
で何するかといいますと
えー下をおご覧になってください(宣伝)













HG-AGE_2-DARK_HOUND.jpg



の前に今回はかなり久々のお買いものコーナーから。
まずはHGよりガンダムAGE-2のダークハウンドから。
購入理由はかなり衝動買い。
実は眼帯の裏がどうなっているのか気になったのも
かなり強い理由の一つだったり・・・
当のTVは初代のほんの初期を少し観ただけで
その後の展開はサッパリですが正直ガンダムはかっこいい。













LEGEND_BB-MUSHAGUNDAM.jpg


お次はレジェンドBB第二弾の武者頑駄無。
ブカブカ(漢字忘れ)シリーズの
烈火武者ガンダムの更にプロポーションを良くした感じ。
ただし関節の接続方法はヒジ関節の追加以外は
変更はないので可動域はほぼ変わらず。





さて次にここに至るまでに作ってた
ガンプラの紹介。













MG-AGE-1.jpg



中身はもちろん(?)AGE-1。
8月に発売予定のAGE-2に合わせるために・・・
というのもありますが
まぁ安かったからですね(適当)
弄り箇所はアンテナのシャープ化と
モノアイを鋭く見せるポーズ!(見えてない)
とフェイスパーツの下を削り小顔に見せるつもりだった
と主に顔に集中してますが
ボディーが酷く、格闘メインなのに可動サッパリ
ビームラりアットなのにラリアット出来ないなど
まぁ散々たるものです













MG-AGE-1_TITUS.jpg



という訳で中身はタイタス。
上で書いたとおりの可動性能と
ヒザ関節は優秀なのに肝心の足が
サッパリ動かないせいで立膝も決まらないと
上から下まで残念な機体。
その上頼みの肩のビームも
正直焼きとおもろこしかケチャップの
入れ物をさしたミートボールにしか見えない
という訳で肩アーマーは一部切り外して
フレーム見せ+段違いでなんとかしようとした結果が右になります
ただ、可動域の修正くらいなら
何とかなるんですが肩の可動はしゃれにならないです
何せ肩関節が全くと言って良いほど横に上がらないので
縦軸で繋がっている上腕の付け根も
一緒になって首を横に触れない残念ポジション。どこのハトさんですか
横に上げるためには接続方法を根っこから変える必要がある訳ですね

と問題点をざっと出しては見ましたが
正直そこまで可動する必要もないんじゃないかと
なんだかんだでそこそこの迫力もあるのでね
という訳でここまで引っ張ってきましたが
次がこれから制作を開始するメインガンプラ。


























HG-KSHATORIYA.jpg



デデーン(?)
今回から作成を始めるのは
今まで手にしてこなかったHGクシャトリヤ。
購入はかなーり前から予定しいてはいましたが
まぁ何故今?と疑問の声が上がるのも当然な訳で
で何故か、といいますと













SAGE-KUSHATORIYA-CUSTOMUPARTS.jpg



これが手に入ったからなんですね
2010年のキャラホビで
S,A,G,Eさんが発売したHGクシャトリヤ専用の
改造パーツになります
改造箇所は本体の装甲と派手なビームサーベル。
ただ、これだけでは肝心のピーマン・・・
ことバインダーはそのまんまなので
展開可動まではいかなくてもそこそこの表現は付けるつもりですが
正直これだけでかなーりかっこよくなる予定なので
今から楽しみです(^-^ )
まぁまずはMG並みのボリュームがある
素のクシャトリヤを作る必要がある訳ですが・・・
という訳で今回はここまで。
MGブリッツガンダムはしばらくお休みとなります(多分)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ