はーいほんとガンプラ記事は久々です(更新自体が久々というのは聞こえない~)
バスターは初代GAT-Xシリーズの劇中で
僕自身一番影の薄い機体です(汗
むしろ改良機としてファントムペインに登場した
ヴェルデバスターの方が日の目を浴びているんじゃ・・・
ですがこうしてMG化されることで
見る目が変わると思います!
というのも今までのキットと違い
今回のバスターは目玉のガンランチャーと
高エネルギーライフルがかなりごつくなったからです
実は設定画での表現は物理的に保持できないほどごっついので
コレくらいがプラモとしての限界かなぁ・・・と














MG-BUSTER_GUNDAM-1.jpg



まずは箱絵から
後ろに映っているのはM1アストレイですかね
遠距離得意なバスターの後ろに
中近距離得意なM1がいるのは少しおかしいような
気もしますがあまり気にしないでおきましょう













MG-BUSTER_GUNDAM-2.jpg



では次にランナーです
まずは多色成型のAランナー
肩アーマーやフェイス部といった
特徴的な外装パーツメイン。













MG-BUSTER_GUNDAM-3.jpg


白一色のBランナー
寒色の白より少し暖色な色合い。
他のSEED系の流用ですが
上についているのは新規ぽいです













MG-BUSTER_GUNDAM-4.jpg


Cランナーです
こちらも流用できる所だけって感じで
色は濃いグリーンです













MG-BUSTER_GUNDAM-5.jpg



DランナーはABSです
流用ランナーのようですが
やはり左端についている4パーツは新規の模様。













MG-BUSTER_GUNDAM-6.jpg



EランナーもABSです
なんかSEED系MGってABS多めな気がする
こちらも右側が流用で左のふくらはぎフレームパーツは新規でしょうか













MG-BUSTER_GUNDAM-7.jpg



FランナーもABS。
こちらも流用ですが
左中央の前腕フレームパーツは新規です
流用のなかの新規ってやはり目立ちますね~













MG-BUSTER_GUNDAM-8.jpg



なんとGランナーもABS。
4ランナー続けてABSという
珍しい構成ですが
こちらはバスター専用ABSで
バスターの特徴であるボディーやバックパック等の
フレームパーツメインです













MG-BUSTER_GUNDAM-9.jpg



Hランナーです
史上まれにみる5枚連続ABSです
こちらは背中のキャノンの接続アームパーツメイン。
下の長い棒はガンランチャーに組み込むようです













MG-BUSTER_GUNDAM-10.jpg



一転して白一色のIランナー
こちらはバスター用の外装パーツメイン。
面白い形のもありますがどう使うのか楽しみです













MG-BUSTER_GUNDAM-11.jpg



Jランナーは濃いグリーン一色。
ボディーアーマーや肩アーマー、
ガンランチャーとライフル用の外装パーツメイン。













MG-BUSTER_GUNDAM-12.jpg



Kランナーは見るからに砲身って感じの
パーツメインです













MG-BUSTER_GUNDAM-13.jpg



最後のランナーLランナーです
バックパック外装や胸アーマー、
ふくらはぎフレームと
色んな箇所に使用されるパーツメインです













MG-BUSTER_GUNDAM-14.jpg



ポリランナーはSEED系の130番に
色々くっついた形。
右と上は恐らく追加ランナーです
紛失したパーツ次第で補えるかどうかが決まる
なんとも嫌味な構成(?)













MG-BUSTER_GUNDAM-15.jpg



次にシール類です
まずはカラ―シール。
モノアイシールの他頭部、
銃火器系センサー部のシールのみ。













MG-BUSTER_GUNDAM-16.jpg



次にマーキング
他の新規SEEDMGにも付属した
PSAの文字が。
他は細かな注意書きメインですね













MG-BUSTER_GUNDAM-17.jpg



最後にデカールです
軍隊色の強いバスターに合わせ
白と黒、そしてグリーン色のデカールになってます

今回はこの辺で終わりです~
次回から制作に入ります(^ー^ )
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ