上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回はですねぇ
「早起きは何文の徳になるか」をコンセプトにですねぇ
日頃MG制作ばかりで疲れ果てた僕をですねぇ
癒してくれるSDXマスクコマンダーのご紹介!
というのは冗談でホントはただ早く起きてしまっただけですはい
まぁ結局撮影だけで仕事に行くことになったのですが
撮影だけでも出来ただけ得しました!
その代わり眠い気がしないでもないので
僕の場合は1文くらいの得で終わった訳です(笑)
それと実は画質向上のためにとある実験を行ってます
という訳で先日紹介したマスクコマンダーを
早速レビュー。





SDX-MASK_COMMANDER-1.jpg



まずは中に入った状態から。
しっかりと密封された状態になってます













SDX-MASK_COMMANDER-2.jpg


もう一枚はスタンド及び付属品メイン。














SDX-MASK_COMMANDER-3.jpg


ここからは本体を見て行きます
マスクコマンダーという
その名の通りのいかついマスクをかぶってます
ザタリオン帝国の刺客として
キャプテンガンダム率いるGARMSに戦いを挑みます













SDX-MASK_COMMANDER-4.jpg


胴体と足の素材はダイカストなので
重量感がかなりあります
アンテナや爪はかなり細く鋭い印象。













SDX-MASK_COMMANDER-5.jpg


背中にはなにやら接続できそうな穴が。
細い色分けも完璧です
下部スラスターはボールジョイントなので可動します













SDX-MASK_COMMANDER-6.jpg


可動箇所は首引き出しによる二重間接+根元のボールジョイント、
肩二重(片方ボールジョイント)、ヒジが気持ち少し、
手首ボールジョイント、腰、足。
SD体型にしては広い方ですが
ヒジ関節がほとんど動かないため
ポージングに少々手間取ります













SDX-MASK_COMMANDER-7.jpg


手首は左右握り手・平手・武器持ち手が付属。
表現が広がります













SDX-MASK_COMMANDER-8.jpg


武器のヒートホークは
設定どおり銃形態とヒートホーク形態への
変形が可能。
ちなみに小さいピンは背中にマウントするためのもの。













SDX-MASK_COMMANDER-9.jpg


次にこのアクションベースを使用した
ハンブラビの紹介です
筒状のパーツを間に入れることで
アームの引き延ばしが出来ます













SDX-MASK_COMMANDER-10.jpg



ハンブラビは設定どおりの妙な形。
確か正式名称は「ICBMハンブラビ」で
本体が爆弾で出来ていたという感じだったかと思います
このあたりは当時の世代でないと反応しにくいですね(笑)
しっぽについている大型ライフルが長すぎて
写真撮影はもれなく難航します

原作では最終的にこのハンブラビを
爆発させてGARMSの基地を爆破しました













SDX-MASK_COMMANDER-11.jpg


顔アップで
モノアイは二つ。
可動範囲は肩のスラスターと
ハンブラビ本体のバーニアのみ。













SDX-MASK_COMMANDER-12.jpg


肩アーマーの文字は
マスクコマンダーの参考MSである
Sガンダム(と思われる)の「S」が。
大型ビームライフルからいっても
Sガンダムの意匠がある感じですが
実は一つ「S」を持つガンダムの意匠が。
え?もう知ってる?


・・・










SDX-MASK_COMMANDER-13.jpg


目玉の合体!
原作では合体→分離→合体といった
トリッキーな攻撃をしてました













SDX-MASK_COMMANDER-14.jpg



肩アーマーと展開するバインダーにより
幅が一気に広くなります
可動域に支障はナシ。













SDX-MASK_COMMANDER-16.jpg



ハンブラビのパーツが
まるまる後ろに付くため
横幅もかなり広くなります













SDX-MASK_COMMANDER-17.jpg



ハンブラビ本体も
原作基準で合体。
今回はハンブラビ本体の写真撮りを忘れたため
やむなくスル―。













SDX-MASK_COMMANDER-18.jpg



武器はハンブラビのしっぽ、
大型ビーム・ライフル。
形状はスマートガンのようにも見えます
本体以上の長さを保持できるようにするため
グリップを硬くし、更に
材質を変更することで軽量化されてますが
そのせいか唯一「リアルさ」に欠けてしまうことに。













SDX-MASK_COMMANDER-19.jpg



パッケージ風にポージングも。
ビームライフルの大きさが際立ちます













SDX-MASK_COMMANDER-20.jpg



キャプテンガンダムに
深い恨みを持つマスクコマンダー。
はたして仮面の下の正体とは!?


・・・え?既に割れてる?


・・・大切なのは雰囲気だと思うんですようん













SDX-MASK_COMMANDER-21.jpg



なんとその正体は
キャプテンの厳しい特訓に耐えきれず
逃げだしてしまったガンダムMk-Ⅱなのでした!
ザタリオン帝国による改造で
強化されたためかかなり目つき悪いです!

冒頭で述べたモチーフMSのもう一つの「S」は
スーパーガンダムのSなのでした。












SDX-MASK_COMMANDER-22.jpg


ちなみに顔の表情を変えるに
ヘルメットを外すのですが
なんか軽装状態っぽい感じに。













SDX-MASK_COMMANDER-23.jpg


更にファンの満足度を上げるべく
用意されたザクモノアイ。
なんとマスクコマンダーの影武者である
ニセザク用の表情パーツも付属!
ですがこれも原作知らないと反応しづらかったり(汗













SDX-MASK_COMMANDER-24.jpg


もちろんニセザクコマンダーもできます
このあたりはプレイバリューの豊富さが活きてきますね
ザクモノアイは左右に可動。













SDX-MASK_COMMANDER-25.jpg



最後に全付属品。
今回は紹介しなかった
左右・にらみ目はこのような状態で付属。

という訳でSDXマスクコマンダーでした~
久々にレビューやった気がしますね
本体とハンブラビ、分離合体や
その他ベースと付属品が豊富でプレイバリューも多いです
原作を知ってる方にも知らない方にも
玩具としてだけでなく飾って楽しむのも良しの
オススメな一品なのでしたー






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。