上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はーいどもKです
今回は次回更新作品の関連で
空いた時間にHGクシャトリヤに
とあるネタ・・・もといギミックを仕込んでみました
今回は短いので番外編ということで。









HG-KSHATORIYA_C-25.jpg



まず全体像から
今はバインダーの解体作業中のため
本体はまだ手を付けていませんが
改造パーツでボリュームアップした
足と釣り合うようにボディーや
腕もそれなりにボリュームを上げる予定。
で今回は何を仕込んだかといいますと













HG-KSHATORIYA_C-26.jpg



まずは腕の隠しビームサーベル。
こちらは単純に
外装の内側を掘り込んだだけ。
サーベルの柄はこのままでは
不自然なほど出ているので
ここからは柄本体を削る予定です













HG-KSHATORIYA_C-27.jpg



ビーム・サーベルもなんとか取り付け出来ます
がこれ手に当たってるというか
手から出てる感じがします・・・














HG-KSHATORIYA_C-28.jpg



つづきまして・・・
何かわかります?コレ
そう実はモノアイ発光ギミックを仕込んだのです!
非常に残念なのは
ライトユニットがグリーンしかないため
本来モノアイはピンクなのに
やむなくグリーンになってしまったこと。
まぁこれも実験みたいなものだったので
いずれ変えたいところです













HG-KSHATORIYA_C-29.jpg



構造はコレまた単純で
ボディーに仕込んだライトユニットに
カバーを付けてその先に
透明ソフトプラ材を繋ぐだけ。
なのでもちろんヘッドを外すこともできます
これはMGのダブルオーにヒントを貰ってやってみましたが
実際光ってくれるとなんか感動します(笑)
クシャトリヤは構造上ボディーが狭く出来ているため
ライトユニットの端を切り落とし
ON?OFFの切り替えは
背中のカバーを外し細いもの(自分はデザインナイフの刃の裏側)
でスイッチをスライドさせます

というわけで今回はここまで。
こういったギミックの仕込みも
かなり楽しいのではまりそうです(笑)
次回こそは全バインダー展開・・・できたらいいなぁ
それではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。