はい今回からMGトールギスE,Wの
制作記事を書いて行きます
色々すっ飛ばしてます(今進行中のその他ガンプラ)
が!久々にやる気出せそうなので頑張りたいと思います!
さてWガンダムシリーズでも屈指の人気を誇る
敵キャラトールギスですが
MG化はなかなかのサプライズだったかと思います
更に既に情報公開及び予約受付開始されているので言ってしまうと
ホビーオンラインショップにてトールギスⅡの
発売が決定されるという随分手の込んだ・・・というか
計画通りといったタイミングです
まぁこれがトールギスⅢ発売への伏線であってくれるなら
僕は大喜びで釣られクマーしちゃうんですけどね!
トールギスⅱはE,W版から更にガンダムフェイスに近づき
頭部形状・カラーリングとバックパックの変更と
更に劇中のドーバーガンを地面に置き
両手で支えるポーズの再現が出来る仕様になってます
どちらも好みに寄るので気になる方はチェックです(^-^ )
では本編!










MG-TALLGEESE-1.jpg



まずは箱絵から
背景は南極大陸でしょうか
トールギスは「プロトタイプリーオー」ともいわれる通り
リーオーの元となる(実はアフター・コロニー以降の全てのMSへの始祖なる)
アフター・コロニー初の「戦闘用MS」なのですが
「プロト」と呼ばれるにはおかしすぎる性能なのも面白いところです

ちなみにパイロットであるゼクス・マーキスの
名前の由来はドイツ語の「6」から来ており
他のガンダムパイロットと並ぶ
「6人目の主人公」という意味が込められております











MG-TALLGEESE-2.jpg



次にランナーを見て行きます
今回背景がちょっと歪んで見えにくくなってますが
なにせ久方ぶりですのでご了承くださいm(__)m

本編にもどりまずは多色成型Aランナー
シールドや肩アーマー、スラスター表現パーツのイエローと
トサカの赤パーツの他
クリアパーツで構成。
クリアパーツや赤ランナーの当たりが露骨に不自然ですが
こういったあたりに「バリエーション」の示唆が見受けられます













MG-TALLGEESE-3.jpg



続いて白一色のBランナー
各部装甲パーツメインです
太股の装甲パーツが一体成型で大きいです













MG-TALLGEESE-4.jpg



同じく白一色のB2ランナー
複数必要なパーツのみで構成。













MG-TALLGEESE-5.jpg



続いていきなりグレーのC1ランナー
一見ABSっぽい感じですが
実は唯のプラ樹脂ランナーで
マラサイ等に見られた「軟質プラランナー」
という訳でもありません
こちらはシールド基部の他は
妙な形状のパーツが多いです













MG-TALLGEESE-6.jpg



C2ランナーも複数必要なパーツのみで構成。
どうやら関節パーツも含まれているようです













MG-TALLGEESE-7.jpg



Dランナーは濃紺です
マニュピレータパーツの他
肩から武器を接続するための
ジョイントアームパーツで構成。
特徴のある丸みを帯びた関節カバーパーツも入ってます













MG-TALLGEESE-8.jpg



EランナーはグレーのABSランナー。
特に摩擦の多い関節・ジョイント系パーツメイン。













MG-TALLGEESE-9.jpg



何故かドアップの薄いグレーFランナー
バーニア淵パーツの他ドーバーガン用のパーツと
胸の表現パーツで構成。













MG-TALLGEESE-10.jpg



一つしかないのにG1ランナーは白に戻り
本体及びバックパックパーツで構成。













MG-TALLGEESE-11.jpg



こちらも一つだけのH1ランナー
本体装甲パーツとフェイスパーツ、
シールド表面パーツで構成。
肩アーマーは一体成型なので
合わせ目の心配はありません












MG-TALLGEESE-12.jpg



I1ランナーはグレー。
バックパックのパーツのみで構成。
つまりバリエーションへの変更が
効きやすいということですね













MG-TALLGEESE-13.jpg



I2ランナーも同様にグレー一色。
サイドアーマー基部パーツ二つを除き
全てドーバーガン用のパーツで構成。













MG-TALLGEESE-14.jpg



ポリランナーは
MGガンダムAGE-2等に付属の
PC-207+追加のC。












MG-TALLGEESE-15.jpg



サーベルはウィング等と同じ
反りの入ったタイプ。

以上でランナーは終わりで
次に付属品です











MG-TALLGEESE-16_1.jpg



まずはカラ―シールです
トールギスはリーオータイプのモノアイなので
目の表現シールはナシ。














MG-TALLGEESE-17_1.jpg



次に見づらいですがマーキングシール
コーションマーク等はカトキデザインみたいですね
シールドの鷹の表現もシールで再現。













MG-TALLGEESE-18.jpg



ガンダムデカールは
スラスターのコーションマークが多く
デザインもMGVガンダムに似ています














MG-TALLGEESE-19.jpg



最後に黄色い袋に入った何か・・・わかります?
実はこれスプリング。
なんとドーバーガンに組み込むことで
銃身を押し込んで各部が連動するギミックなんですね
どうなるかは作ってのお楽しみ。

という訳で今回はここまで。
ランナー数は多くはないものの
小さいパーツが多いのでなかなか
骨が折れそうですが頑張ってⅡとの比較参考に
なれるよう頑張ります!
それではまた次回~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ