という訳で異例の3日連続更新と
明日は槍でも降るんじゃないだろうか・・・
なーんて考えてます
今回はショルダーのみ。
もちろん手抜きなんてことではなくてですね
何回かに分けた方が
見てる方も疲れないんじゃないかなってね
あとは更新回数も増えて一石二鳥!
・・・手抜きですよええ

さて本音は置いておいて
ちょっと気になる情報が。
まずガンプラですが
HGフルアーマーユニコーンガンダム(ユニコーンモード)
が五月発売決定とのこと。
次にBBよりサザビーさんのリニューアル化が決定。
レジェンド風のプロポーションと
より密度の濃い体型が期待感を出しまくってます
この調子で夢のナイチンゲール商品化につながってほしいですね
BBといえば三国伝の方でも
何やら新企画が始まるらしくこちらも期待です

最後に付録についての情報。
3月2日発売のマンガ「機動戦士ガンダムUCバンデシネ」
8巻になんと漫画に登場した
オリジナル武装「アームド・アーマーDE」の1/100サイズが付属。
カトキ氏によるデザインとかなーり豪華。
MGユニコーン及びMGバンシィに装備可能なので
これは是非とも手に入れたい一品です(^-^ )
ちなみに3月2日は僕の誕生日でもあります(どうでもいいです)
しかもこのアームドアーマーDE、
設定どおり展開と収納のモード変更も可能とのこと。
なんとも気合い入りまくりです
更に付録情報ですが
3月25日発売のホビージャパン5月号にて
「1/48スケールユニコーンガンダム二号機バンシィヘッドディスプレイベース」(長い)が付属。
ユニコーンモードからデストロイモードへの
変形も完全再現、更にサイコフレームは
クリアオレンジランナーの採用とこちらもなかなか。

ではここから本編。











MG-TALLGEESE-68.jpg



まずは全パーツ
ショルダーは片方計13個のパーツで構成。
うちABSパーツ2コ、ポリパーツは2コ。













MG-TALLGEESE-69.jpg


まずABSのフレームパーツに
T字に穴のあいたポリパーツを入れて
反対側のフレームパーツで挟みます













MG-TALLGEESE-70.jpg


次にフレームに上と横にカバーパーツを被せます
上のカバーはミゾに沿って
フレームパーツに空いた穴に合わせて入れますが













MG-TALLGEESE-71.jpg


横のカバーパーツは
このように上下で若干形が違います
若干太くなっている方が上になります













MG-TALLGEESE-72.jpg



更に下からも半球のカバーパーツを
取り付けると特徴的な
丸みを帯びた肩ブロックになります
フレームパーツには
横に3つ穴が空いており一つは
関節接続用のポリパーツが出てますので
それぞれの形に合った位置に取り付けます













MG-TALLGEESE-73.jpg



次にイエローのフレームパーツに
先程の肩ブロックと
ポリパーツを入れて反対側のパーツで挟み













MG-TALLGEESE-74.jpg


裏返してポリパーツの周りを覆うように
白のカバーパーツを取り付けて













MG-TALLGEESE-75.jpg



元に戻し上から
一体成型の外装パーツを
ミゾに沿って入れます
外れていると膨らんだりするので
その場合はいったん外して
確認しながら入れる必要があります













MG-TALLGEESE-76.jpg



次に懸架用のモジュールハッチです
2パーツで構成、
ただ繋ぎ合わせるだけですがここで注意













MG-TALLGEESE-77.jpg



これは開く方のパーツですが
上に小さな凸があるの分かります?
実はこれランナーから伸びるゲートの丁度下に有るんです
なので間違って削ってしまわないように注意。
ちなみにココゲート処理も面倒で
写真でも若干削れてしまっているのが見えます













MG-TALLGEESE-78.jpg



作ったモジュールハッチを
そのまま肩の出っ張りにある
ミゾにいれるとピッタリはまります













MG-TALLGEESE-79.jpg



そして上部内側に有る
穴に内側からフックパーツを入れて
外側に倒して肩完成。
これを二組み作ります













MG-TALLGEESE-80.jpg



ちなみにこのフックパーツは
ランナーについた状態だと
右のように内側に二つ
短いゲートがくっついてますので
左のようにどちらも切り落とす必要があります
ただこのゲート、
カーブに沿って付いてますので
切り離す際はニッパーで多少長めに残してから
ナイフで削った方が綺麗になります













MG-TALLGEESE-81.jpg



本体に取り付け~
なんともがたいの良いプロポーションです
肩も厚みがあり
横にも長いのでごつごつしてて迫力が出てます













MG-TALLGEESE-82.jpg



ボディー・肩ともに厚みがあるのがわかります
肩を接続する際は
関節が固めなのでまわすように入れると楽です
モジュールハッチは外装より
一回り大きい感じです













MG-TALLGEESE-83.jpg



最後に後ろから。
背中のアームとはギリギリ干渉しない位置ですが
肩関節が優秀で後ろには引けるのですが
後ろに持っていくと干渉してしまう為
後ろへ持っていくには干渉してしまい制限されます
肩を上げる際にも干渉してしまいますが
アームが後ろへ倒れるので
位置を決めてからアームを戻せば大丈夫なようです

という訳で今回はここまで。
なかなか凝った構造が続きます
次回は腕を作り上半身完成となります
それではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ