上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いやーですね
なんとですね


祝!Kの仮小屋7万アクセス突破~(≧∀≦)ヤフー

まぁ別にキリのいい数字でもないんですが
こんなつまらないブログに来て頂いてホントありがとうございます!
もうこれはなんといっても全て皆様&リンクサイト様のおかげです!
仮小屋の主成分はは主に見に来て下さる方100%と
リンク先のサイト様100%と僕の影響およそ0,0000…01%くらいで構成されてます
もうゴールしてもいいよね・・・え?10万?ムリムリ

と感謝をしつつ気になる噂のMGについて。
まぁ情報漏れ放題なのでおわかりの方もいらっしゃると思いますが
これからお話しすることは僕にとって悲しみであり
皆様にとって盛大なネタバレになります
要はネタがわかってしまったってことですね
お察しの通りサイコではありませんでした
というか僕は根本的に勘違いをしていたようで
「超大型MG」の部分にしか目が言ってませんでした
どういうことかといいますと
「超大型MG」→でかいMG→サイコ
と僕はこう解釈した訳ですが本当は
「超大型MG新商品」→MGにおける新ブランド・新規格→ビッグな企画
とこういう意味だったのでは、と気づいてしまった訳です
つまり初めから負けると分かっている賭けで負けたってわけですね

さてではビッグな内容とは・・・知りたい?
明日には正式発表されるわけですが
まだネタを知らずかつドキドキワクワクを維持したい方はスル―で
既にネタ知ってますまたは予想できるのでドキドキもワクワクもありません
って方は以下の余白っぽい個所をドラッグしてください
いやー僕の予想できなかった凄いモノが来てしまいました・・・
ちょっと覚悟がいるので観てから後悔はナシでお願いします(・_・;)
実は!あれ白くなってない

実は!-以下余白-

なんとMGガンダムVer,3でした!
商品説明も載せておきます
【「機動戦士ガンダム」より、「RX-78-2 ガンダム」がVer.3.0となって登場。脅威の可動範囲と究極の外装連動の融合!前モデルVer.2.0を越える基本可動性能を実現するムーバブルアーマーシステムを搭載。同システムでは装甲パーツにも内部と連動した可動性を付加。従来、可動の妨げになりがちだった肩アーマーなどにアクセント可動を追加することで、可動の自由度を大幅に向上させている。】
ということはRGの逆輸入版?のような感じになると思われます
気になる「ム―バブルアーマーシステム」というのがアドバンスドジョイントのポジションになるのでしょうか


はいここまでー
いやーなんとも斬新というか先鋭的というか
いずれにせよ見てみないと分かりませんね
いやこれは誰も予想できなかったんじゃ・・・と思います

という訳でKに二言ナシ!(本当はありまくりですが言わない)
記念企画も兼ねてMGフルアーマーユニコーンを
必ず完成させます!ユニコーンだけ・・・は駄目ですよ
制作開始は準備が出来次第とさせて頂きます

では前置きが長くなりましたあ本編。









RG-DESTINY_GUNDAM-99.jpg


はい今回はまずバックパックから入ります
パーツは全10コで構成。
本体に組み込む最後のアドバンスドジョイントもここで使います
(一応前指可動手が残ってますが)













RG-DESTINY_GUNDAM-100.jpg

まずスラスター表円の付いた細長いパーツに
赤のカバーパーツを被せます

ちなみにこの写真が
RGデスティニー制作100枚目となります
他のRGに比べ随分完成が速いですね
やはり簡易化されているようです













RG-DESTINY_GUNDAM-101.jpg


更に上から今度は青のカバーパーツを被せます
これで色分け表現出来ます













RG-DESTINY_GUNDAM-102.jpg


裏返し今度は左右に穴のあいた(正確にはCの形)
黒い妙な形状のパーツを取り付け













RG-DESTINY_GUNDAM-103.jpg


更に一番初めに出た細長いパーツの
上に有るフックに青のカバーパーツを取り付け
外側(スラスターの方向)に倒します













RG-DESTINY_GUNDAM-104.jpg



先程付けた妙なパーツの上に
更に妙な形状のパーツを被せます
これがなんとも位置取りが面倒でしかも
この時点では固定されないのですぐずれます












RG-DESTINY_GUNDAM-105.jpg



ここでアドバンスドジョイントの登場。
まず上の形になっているので
矢印の方向に出っ張った部分を縦にします
下のマルク囲った箇所が変化後。













RG-DESTINY_GUNDAM-106.jpg


更に左の丸で囲った関節を
矢印の方向に曲げると右のようになります













RG-DESTINY_GUNDAM-107.jpg



これをバックパックの
青のカバーと黒のパーツに
丁度干渉しない部分に収めます













RG-DESTINY_GUNDAM-108.jpg


あとは両サイドから青の外装パーツを取り付けるんですが
これがまた一苦労で
右に見えますボールジョイントとアドバンスドジョイントの
部分を間にはさみながら入れないといけないため
ここはかなり苦戦しました
どうしても入らない場合は強硬手段として
まずアドバンスドジョイントを外し
先に青の外装パーツに空いている穴に通してから
先にアドバンスドジョイントを付けると
かなり楽になることが判明しましたのでお試しあれ。

強硬手段というのはあくまで説明書と違う方法なだけで
こっちが正規だと確信してます













RG-DESTINY_GUNDAM-109.jpg



最後にアドバンスドジョイントの
出っ張りを縦にしてバックパック完成!
この出っ張りはつまり
青の外装に通すためだけに曲げたってことですね













RG-DESTINY_GUNDAM-110.jpg


はい次は羽です
羽というには少し大袈裟なくらい
パーツが大きく全11パーツで構成。

ちなみに僕は翼本体の方を「羽」、
光の翼を「翼」と思ってるんですが
実際どちらも翼だとすると
「翼」と「光の翼」ってなんか頭痛いたい感じがしてしまうんですよね(笑)



・・・ハッ!Σ(゜A゜;)デスティニーファンの殺気が・・・













RG-DESTINY_GUNDAM-111.jpg


じょ、冗談はさておき翼の制作に入ります
まず小さい基礎パーツに写真のように
三枚一体型の羽と黒の細長い
フレーム@パーツを散り付け反対側の基礎パーツでは先ます
この黒の細長フレームとの接続部が実はかなり重要。

RGデスティニーで一番面白い構造がこの翼です
ここでは少ないパーツでいかに
表現をできるかに観点がおかれているようです













RG-DESTINY_GUNDAM-112.jpg


次に黒のフレームの上に
赤のカバーパーツを被せます
ポイントはフレームから出た
丸い接続穴ですね














RG-DESTINY_GUNDAM-113.jpg


次に大きい翼のパーツに
スラスター表現のパーツを取り付けて












RG-DESTINY_GUNDAM-114.jpg


これをなんと上で上げた基礎パーツに
取り付けた黒の細長フレームの
ピンの延長部分に取り付けるのです
ここはちょっと凄いと思いますね













RG-DESTINY_GUNDAM-115.jpg


そして次に
黒フレームから飛び出ていた
接続穴に一つパーツを付けます













RG-DESTINY_GUNDAM-116.jpg


でこれをバックパック側にある
アドバンスドジョイントの出っ張りに取り付けます
こうして接続する訳ですが
これが今回一番の曲者。
圧倒的に保持力が弱く
光の翼を付けたら恐らく即効で外れると思います
保持力を上げるには接着しかないので
ここはやむなしってとこでしょうか













RG-DESTINY_GUNDAM-117.jpg


という訳で合体!
ようやくデスティニーらしくなってきましたね
本体は翼だったんですね

という訳で今回はここまで。
ここまで来て問題点が少し見られました
①翼の接続部の保持力が弱く
 翼をもって曲げようとするとアッサリ外れる
②大きい羽の接続部もしっかりしたものではないので
 上まであげると徐々に下がってくる

コレは個体差あるかもですが問題があれば解決策も必ずあります
なんせどちらも人の手によって生まれるものですからね!

となんか悟った風に決めてしまったところでまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。