はーいでは今回から最新作「ガンダムGP01」っをつくっていきまっす!
このGP01は初代「機動戦士ガンダム」の0079年(一年戦争)と
「機動戦士zガンダム」のoo87年の丁度間に存在する
スト―リー「スターダストメモリー」(0083)に登場。
一年戦争が終結したのち「ガンダム開発計画」が提唱され、
開発されたのがガンダム試作一号機「ガンダムGP01」と
試作二号機「ガンダムGP02」。
しかしGP02はジオン残党アナベル・ガトーによって強奪されることに!
最終的にコロニー落としを目的としたジオン残党「デラーズ・フリート」に対し
主人公コウ・ウラキは改良機「GP03デンドロビウム」に乗り捨て身で挑んでいくのでした!

尚GP01にのみ「ゼフィランサス」という愛称がありますが
これはある花の名前からきたものらしく
花言葉は「清き愛」だそうです。
それとGP02の愛称にも「サイサリス」という名前がありますが
こちらも花の名前からきており花言葉は「偽り」。

それとちなみにこの作品の題名「スターダストメモリー」は
ジオン残党「デラーズ・フリート」がコロニー落としの作戦につけた
「星の屑作戦」に関連し、この戦争を「デラーズ紛争」といいます

とまぁこんな感じのストーリーですが、
GP03の性能が良すぎたためZへの直接的な発展はありませんが
GP01の設計思想はのちのム―バブル・フレームに発展することになります
しかしファースト世代から初の「ガンダム対ガンダム」(ギレンの野望は除いて)と
更にメカニックも渋くファンを熱くさせた作品。
人気も凄まじく劇場版「ジオンの残光」も大人気でした
ちなみに僕はGP02大好き派です


さて前振りが長くなりましたがまずはランナーから見て行きます



RG-GP01FB-2.jpg



まずは多色成型Aランナー。
胸部イエローの他本体頭部・シールド基部の白、
それとなぜかビーム・ライフルのグレーパーツで構成。













RG-GP01FB-4.jpg



次にアドバンスドジョイントのBランナー。
コレは恐らくRGガンダムmk-Ⅱのアドバンスドジョイントでしょうか
なんと続編たるZにつながる(?)形に。













RG-GP01FB-5.jpg



もう一枚多色成型Cランナー
本体及びシールドパーツの青と
足部の赤、そしてサーベル刃のクリアピンクで構成。
GP01に特徴的な「ジュッテ」用のサーベル刃まで付属と
流石バンダイさん。
  





ガンダムさんはスタッフがおいしく頂きました











RG-GP01FB-5_1.jpg



D~Eをすっ飛ばしていきなりFランナー。
おそらく間に入るランナーにノーマル用パーツがあるのかな?
とFランナーは本体の細かな白パーツ。
右から二列目の割と大きなパーツはふくらはぎに使います













RG-GP01FB-7.jpg



GランナーはがっちがちのABSランナー。
特に可動部のパーツが多く、
バーニア基部の一体成型パーツが目立ちます













RG-GP01FB-6.jpg



H1ランナーは白一色。
バーニアカバーや本体のパーツメインです











RG-GP01FB-8.jpg



H2ランナー。
こちらはH1ランナーから複数必要なパーツのみを残したランナーです
ちなみにGP01に特徴的なヒザの













RG-GP01FB-9.jpg



I1ランナーはグレー。
バックパックといったメカニック表現パーツがメインです













RG-GP01FB-10.jpg



I2ランナーも同様に
必要なものだけを残したランナー。













RG-GP01FB-11.jpg



最後にリアリスティックデカール。
今回は割とおとなしい感じ(?)がします

という訳で今回はここまで。
次回から制作に入ります
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ