今回は久々にレビュー形式で
レッドフレームフライトユニットをご紹介。
新しいというのもありますが
このレッドフレームも個人的に好きな機体7本の指にはいるので
気が付いたら作ってたんですね
しかし合わせ目・要塗装箇所が多いため
それに時間を費やした結果4日ほどかかってしまいました

尚ホビージャパン付属のカレトヴルッフは別枠で紹介するつもりです











HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-1.jpg



-ガンダムアストレイレッドフレームフライトユニット-
レッドフレームはもともとオーブが開発した試作モビルスーツの五機のうちの一つ。
その機体があった宇宙工房「ヘリオポリス」がザフトの襲撃にあい
五機の試作MSはバラバラに。
それを見つけたロウ・ギュールによって再生されたのが
レッドフレームとなります
今回新規で付属するフライトユニットもジャンク屋である
ロウによって作られたもの。

で今回の工程ですが塗装箇所は一部(ウィングの白部)以外全塗装、
合わせ目消しは頭部・ガーベラ・ストレートの鞘・バクゥヘッド・ビームライフル。
改造としてはアンテナとガーベラ・ストレートのシャープ化とフェイスの位置調節くらいです
実は頭部の合わせ目消しに伴いフェイス部の接続ピンを切り落とし
後ハメ加工しようとしたんですが
どうにも頬の部分に干渉して上手く入らないんですよ
そこで基部側の接続部を削り無理やり入れたわけですね(笑)
モノアイも見えるんですが写真には映らず・・・













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-2.jpg



塗装で一番苦労したのが腕の白部、
マスキングが6mのしかなくちぎっては貼りを繰り返してました













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-3.jpg



後ろから。バックパックの上のモールドの赤も塗装です
このバックパックがなかなかフレキシブルで
フライトユニットを装備する際は
下に下げることが出来ます













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-4.jpg



可動に関しては腕はかなり優秀なのに対し
足は腿のアーマーが干渉するのと
股関節ブロックが小さすぎるため90°ほどがやっと。
MGのウリだったかかと落としポーズも出来ません













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-6.jpg


ここから装備品紹介。
まずはバックパックにマウントしてある
ビームサーベルです
柄・刃ともに二本付属で二刀流に出来ます
サーベル刃はダブルオー・AGEと同じ平べったいタイプ。













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-7.jpg


次にビーム・ライフル
折角合わせ目消したのにその部分が写らず
結局無駄な努力に・・・(汗
付属のスコープシールは少し不自然なので
市販のクリアレンズを使った方がいいかも。













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-8.jpg


次にシールド
これは対ビームシールドでビーム系と実弾の攻撃を防ぐことが出来ます
中身はストライク系の標準装備「フェイズシフト」と同等の濃緑。
つまりストライクはとてつもない完成度と言える訳ですね
このシールドはアストレイシリーズに標準装備されており
改造される前のレッド・ブルー・ゴールド・ミラージュ・グリーン
全てが装備するはずだったもの。
最終的に基準装備として携帯しているのはグリーンのみとなります
当たらなければどうということは無いんですね
まぁレッドフレームの場合乗り手が作り手とあってか
色々な装備を作って換装できるようにしたため
基本的な装備は「アストレイ基準装備」と呼ばれる
ビームサーベル・ビームライフル・シールドかと思われます













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-9.jpg


次にガーベラ・ストレート
これはオーパーツ(失われた技術)で作られた
MSサイズの大刀。
これを手に入れてからは消費するビーム・サーベルに代わりメインウェポンになります
これと対になる刀「タイガー・ピアス」を
後に敵となったウン・ノウから譲り受けることに。
名前の由来はそのままでガーベラ・ストレートは「菊一文字」
タイガー・ピアスは「虎徹」となります

でプラモの方ですが剣先から柄頭までグレー一色。
未塗装派のために刀身と柄・柄頭、鞘の方は鐺と接続部付近のシールはありますが
やはりそれだけでは少しさびしい気がします
刀身はシルバーの上にクロムメッキを重ねて
刀身らしい光りを出してみました













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-10.jpg


鞘はこんな感じ。
全身マスキングテープを貼りまくりました(なんかおかしい
マスキングさえしっかりやれば特に難しいポイントはなかったように思います
特に鮫肌(柄から出ている四角い赤部)のマスキングは
細かすぎていやになりますが(汗













<HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-114.jpg



次に目玉となるフライトユニット。
これはM1アストレイのバックパックを器量して作ったもので
少し思っ影がありますね
スラスター部グレーは要塗装箇所。
ウィングの白は今回は簡単フィニッシュでシール貼ってます
次回カレトブルッフを紹介する時までにリペイントする予定。














HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-13.jpg



フライトユニット装備中の武器と言ったらコレ!
バクゥヘッドも付属です
こちらも本体がモナカだったので合わせ目消してます
両側から出るサーベルが派手でかっこいい!













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-15.jpg



専用のジョイントパーツを使用することで
シールドとビーム・ライフルを
フライトユニットにマウントすることが出来ます













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-16.jpg



ガーベラ・ストレートは両手持ち可能。
フライトユニットと相まって
派手さがかなり上がります













HG-ASTRAY_REDHRAME_FLIGHTUNIT-17.jpg



全付属品。
実は平手も付属してますが時間の都合でカットです

という訳でHGガンダムアストレイレッドフレームフライトユニット装備でしたー
塗装する必要はありますがお値段の割に
付属品とプレイバリューも豊富。
改造素体・塗装練習等にもオススメですね

で今回こうして塗装した訳ですが
実は久々の塗装で手持ちのカラーが全滅してることに気付きました
なんとか塗りあげては見たんですが
固まったりゴム状になってたりで全く言う事を聞いてくれませんでした(汗
次回までに一斉取り変えして綺麗な状態に仕上げたいと思います
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ