今回は新シリーズ「ガンダムビルドファイターズ」より
ガンダムX魔王をご紹介。
名前がいささかアレですが発想は面白いなと思い入手。
オールドファンからしたらあまりウケは良くないかもしれませんが
「公式の改造ガンプラ」と思えばなんとなく行ける気がします
ちなみに新発売の「べアッガイⅢ」、「戦国アストレイ」もビルドファイターズ。
早速MG化されている辺りも以下に力を入れているかが伺えます












HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-1.jpg



-ガンダムX魔王-
「機動戦士ガンダムX」を改造して作られた機体。
単機でも洗浄を左右するほどの力を持ち、
高火力・高機動で一期等千と言える機体。
名前の「魔王」は「破壊力」と作り手である「マオ」にちなんでいる。

なによりも目を引くのは後ろに下げている「ハイパーサテライトキャノン」。
オリジナルの設定が生きており
バックパックにあるリフレクターによってエネルギー変換を行います














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-2.jpg



縦にリフレクター、横にキャノンでかなり幅を取ります
一応思いは重いのですがキャノンの重心が下に有るおかげで
直立維持が出来ます














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-3.jpg



後ろから。
キャノンは接続アームが多重関節で結構フレキシブル。
しかし持ち手が関節に当たるため若干広げないと収まらず
なんとなく中途半端。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-10.jpg



顔&胴体アップ
顔はフェイス部は同じですが
カバー部が新規成型。
アンテナも代わりXの字に近いシルエットに。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-4.jpg


次に武器。
まずは新設ビームサーベル
大形びームソードがあるのに何が不満なのか
当たりが出たのでもう一本。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-5.jpg


柄はバックパックの左にマウント。
使わないからって無理やり詰め込まなくても良いと思うの














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-6.jpg



次に大形ビームソード。
柄・刃ともに元ネタであるXのものをそのまま使用。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-7.jpg



こちらはキャノンの後ろにマウント。
これはオリジナルと同じで
オリジナルは右の黒いブロックがなく直に取り付ける形。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-8.jpg



お次はシールドバスターライフル。
こちらはライフルモードになります
構成もオリジナルそのまま。














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-9.jpg



でこちらがシールドモード。
シールドの下のライフル部分が完全モナカなので
非常に割れやすく、合わせ目消し必須といえます














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-11.jpg



更にオリジナルギミックとして
肩及び足の脇に開閉ポイントがあり
余ったパーツを追加パーツとして装備することが出来ます














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-12.jpg



最後にス-パーサテライトキャノン。
構成・パーツもオリジナルと全く同じで
違うところはキャノンの持ち方を変えるために
接続方法を無理やり買えるため新規に付けた黒いブロック。
しかし砲身がモナカなので重く、
ここも接着しないと高確率で外れます

リフレクターの部分はシールで表現。
オリジナルは光に反射して様々な色になりますが
こちらは反射してもシルバー一色です














HG-BF-GUNDAM_X-MAOH-13.jpg



すーぱーサテライトキャノンは両手持ちも可能。
しかし若干厳しいです
特に手首には余裕がないため
変な角度でないと維持できません

という訳でgandamuX魔王でした。
発想も面白くプレイバリューも豊富。
しかし全体的に中途半端で
無理やり別モノにしようとしているため
上手くかみ合わない点が多いです
総評すると「改造ガンプラ」として見る分には良く、
プレイバリューも豊富。
しかし無理やり感が多く、作品として見るとちょっと苦しいかな?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ