すんごい寒いです
朝布団から抜け出すことが出来ません(・ω・`)

という訳でこんにちは。
今回は腕を作ります
連日更新しているのにあまり進んでいる気がしないのは
多分気のせいじゃないと思います

ところで今月は残りの新商品に
HGのF91とハリソン機があります
さてこれもどちらを選ぶかと思ったんですが
内容は同じなのか気になるところ。
HGの某ガンダムのように
ノーマル:バズーカあるけど?
ハリソン:ビームライフル付いてるからお得です
とかいう展開にはならないでほしい(汗

更にキャンペーンですが
12月14日から「HGカスタマイズキャンペーン」が開催中。
期間内に「AGE」・「サンダーボルト」・「HG1/100」・
「ビルドカスタム」シリーズ以外の
HGを買ったら「ウェポン&ジョイントパーツ(計6種)」が付いてくる!
これはひどい
なんかサンダーボルトに集中するのを見越した感じですね
しかしF91は対象内だと思うのでセーフ。



・・・え?僕ですか?
も、もちろん全種類一気買いななんて・・・

あと今回は結構長いので
あまり真剣に見ないことをオススメします
大体写真が重要で残りの文は
グリコのオマケにも勝てませんので









MG-SAZABI-Ver_Ka-75.jpg



まず肩関節を作ります
構成パーツは全6コで下は全部ポリパーツ。
何故ここだけ分けたかと言いますと
まぁね、腕のパーツがビッグでメニーなんですね














MG-SAZABI-Ver_Ka-76.jpg


まず接続フレ-ムに
裏からポリパーツを埋め込みます
このポリパーツは外側が丸くなっている方向。














MG-SAZABI-Ver_Ka-77.jpg


元に戻し
今度は接続アームの穴にポリパーツを仕込みます
このパーツと先に入れたパーツは
形状は同じですが大きさが異なります














MG-SAZABI-Ver_Ka-78.jpg



接続アームを付ける前に
下にも板状のポリパーツを入れておきます
こちらは縦方向に入れます














MG-SAZABI-Ver_Ka-79.jpg



このように上が平らな方が正しい形。
あとは反対側のボールフレームで
サンドして完成です!














MG-SAZABI-Ver_Ka-80.jpg



では次に腕を作ります
サザビーの腕は左右同形。
唯一違うのはエモーショナルマニュピレーターくらいです
腕は全20パーツで構成。
結構複雑な形状ではありますが
他の大型MSに比べるとパイプがなかったり隠しサーベルがなかったりで案外簡単。














MG-SAZABI-Ver_Ka-81.jpg


さてまずはいきなり
ヒジフレームパーツに
上腕と前腕のフレームパーツを取り付け。
上腕フレームを曲げて取り付けているのはデフォルトで
これの前にシリンダーを入れるため。
強度を保つためとはいえ
やはり少し大味すぎる気がします














MG-SAZABI-Ver_Ka-82.jpg



次にシリンダーブロック。
受け皿パーツとシリンダーパーツを
合わせるだけですが
シリンダーパーツには裏に肉抜きがあるので
取り付ける方向に注意です














MG-SAZABI-Ver_Ka-83.jpg


これを上腕フレームを付けた箇所の
右にある小さな穴に取り付け。














MG-SAZABI-Ver_Ka-84.jpg



そうしたら先に付けた上腕フレームを
前に倒しシリンダーと合体。
腕を曲げた時にヒジフレームに抑えられることで
シリンダーが伸びるギミックとなります














MG-SAZABI-Ver_Ka-85.jpg



そしたらここで
一つ目の外装パーツを取り付けます
場所は前腕部一帯で
外してもメカフレームを楽しめないので残念。














MG-SAZABI-Ver_Ka-86.jpg



裏返したら
ヒジの下にある横スライドの箇所に
脇にスライドの入った小さいパーツを取り付け。
これがのちに結構目立つから驚きです

取り付けたら中心方向に押すと
カチッといって止まるのでその状態にしております














MG-SAZABI-Ver_Ka-87.jpg



次に下にある横が丸くなった箇所に
T字型のポリパーツをセット。
これは裏と表の形状が違うので注意です
真ん中に四角いピンがある方が裏になります














MG-SAZABI-Ver_Ka-88.jpg



そうしたら先に付けたT字ポリパーツの
形状に沿った形で手首カバーパーツを押し込んで取り付け。
個人的にはこれがかなりの危険個所。
初め付けた時は奥まで行かず変なところで止まったので
「これでいいのかな?」と思いながら続けたところ
後でえらい目に会いました
先に付けたポリパーツが隠れるくらいが正しい位置になります














MG-SAZABI-Ver_Ka-89.jpg



そしたら妙な形状にフレームパーツに
イエローのバーニアパーツを二個セット。














MG-SAZABI-Ver_Ka-90.jpg



ここで登場ピーナッツ!
ではなくヒジカバーブロックです
まずシルバーのフレームパーツと
外装パーツを重ねます














MG-SAZABI-Ver_Ka-91.jpg


次に先に作ったフレームを
中から取り付け。
バーニアは丁度空いた箇所から
見える位置に有ります














MG-SAZABI-Ver_Ka-92.jpg



次にいきなり腕に取り付けます(!
これがまたかなり苦労しました
というのも先に紹介した手首カバーにも
このヒジカバーを取り付ける箇所があるんですが
初め手首カバーの位置が悪かったため
何回やってもう上手くはまらなかったんですね
お陰で無駄に時間かかりました














MG-SAZABI-Ver_Ka-93.jpg




あとは手首の付け根に
グレーの輪状のパーツを付けて














MG-SAZABI-Ver_Ka-94.jpg



ヒジカバーの
空いている箇所を色の異なる
パーツでふさぎ














MG-SAZABI-Ver_Ka-95.jpg



大きめの上腕カバーパーツを
上から被せます
横に穴が空いており
シルバーのフレームが覗けてかっこいいです














MG-SAZABI-Ver_Ka-96.jpg



最後に手首の黒カバーパーツの上に
赤のカバーパーツを被せて腕完成!です
この赤のパーツも妙に引っかかるので注意です














MG-SAZABI-Ver_Ka-97.jpg



最後にエモーショナルマニュピレーター。
まずランナーから切り出した状態です
動かす方向に制限があったり
身長かつゆっくりと面倒ですが性能は抜群。

まず手首接続ぶを矢印の方向に入れて
中指と薬指を90°曲げます














MG-SAZABI-Ver_Ka-98.jpg



あとは親指を90度曲げて向きを変え、
人差し指と小指内側へ移動させてから90°曲げます
説明書では移動させてから曲げる指示になってますが
個人的には先に曲げた方がはるかに楽。
しかしその場合指が外れて
保持力が落ちてしまう為仕方なく指示に従う方が賢明です














MG-SAZABI-Ver_Ka-99.jpg




あとは中央から出ていた四角いピンを
内側に曲げて完成です!
しかしこれ指を曲げるのはかなり大変で
グーにする場合付け根のボールではなく
関節を曲げるのですがどうしてもうまくいかず
ボールが曲がる→指取れる→怒り心頭
とこのような展開を経てやっと形になります














MG-SAZABI-Ver_Ka-100.jpg



大きい分迫力も凄い!
関節は優秀でおよそ80°ちょいまで曲がります

ちなみにこの写真で(ランナー含めて)ジャスト100枚。
まだ上半身すら完成してないのに(汗
見込みでは300枚くらい行くと思います(笑)













MG-SAZABI-Ver_Ka-101.jpg



裏から見るとシリンダーがかなり目立つ位置に。
このように腕を曲げるとかなり伸びます














MG-SAZABI-Ver_Ka-102.jpg



最後にカバーを外して。
バーニアや目立たないですが
小さいパーツもしっかり見えます
イエローのバーニアの付け根の
フレームの上に有る小さいのがソレ。
写真ではわかりにくいですが
実際は結構目立ちます

という訳で今回はここまで。
長くなって申し訳有りません(汗
次回肩アーマーとそこから下がるバーニアカバーまで進めて
上半身完成となります(バックパックは除く)
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ