今回は制作ではなく
オープンハッチに伴う
各部の形状をご紹介。
制作ではないので何も進展しませんので
興味がなければスル―でも特に問題はありません












MG-SAZABI-Ver_Ka-239.jpg



まずは正面から。




MG-SAZABI-Ver_Ka-236.jpg



オープンハッチ後。
主に横方向に展開するためかなり幅が広がります













73.jpg


次に横から。



MG-SAZABI-Ver_Ka-237.jpg



肩の展開幅が一番目立ちますが
足の展開は肩以上にフレキシブルなため
一番差が大きいのは実はふくらはぎ
なのではと感じますね














MG-SAZABI-Ver_Ka-240.jpg



ここからは各箇所の
展開後の形状を見て行きます
まずはボディー。
空いているのかどうかも分かりませんが
一応これで展開されているようです
正直上のカバーがどうしても顔に見えます(汗














MG-SAZABI-Ver_Ka-242.jpg



肩。
上部は外付けのフレームが
ほとんど外に出る状態なので
戻す時に引っ掛かります
個人的にシルバーフレームは
キットのままだと安っぽく見えてしまうので
いっそシルバーにするか
グレー系統でまとめた方が見栄えが良さそうです














28



腕。
外方向に引っ張って展開します
これは以前「小さいパーツ」と言っていた
スライドパーツによるもの。
やはり大きな腕でハッチオープンがここだけというのは
寂しい気がしないでもありません














MG-SAZABI-Ver_Ka-244.jpg



フロントスカート。
カラーが増えるの良いのですが
イエローのブースター部は
塗装しないとちょっと不自然。














272


サイドアーマー。
外装パーツがそのまま外れるので
かなり下まで伸ばせます
が裏には何もないので
改造で仕込むにはもってこい。
LEDでも入れてみようかな?













625


サイドアーマーのブースター。
ブースター自体は外に出ているものの
カラ-のブースター部は
下から覗く形でないと見えません














2727



最後に足。
足は左右中央と
カバーは全て展開するものの
中央のかばーは干渉するためかあまり上がらず、
従って裏にあるブースターもあまり展開せず。














30



ブースター。
外側の大形ブースターは
外装がかなり展開するため見やすいモノの
中央の3連ブースターは
やはり自分のフレームを焼くお仕事しかできないようです














27


最後に前方の上部アンクルガード内ブースター。
こちらも見にくいですが
アンクルガードは多少前方向にも上がるため
見ようと思えば見やすい位置に有ります

という訳で今回はここまで。
サザビーを色々な角度から見ました
次回バックパックとウェポンを作り最終回としたいと思います
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ