上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様お久しぶりです
消費税上がったらガンプラ買えないKです
もう絶望しか見えないorz
なので消費税上がったらガンプラやめようと思ってます・・・
皆様今まで御愛読(妄想)頂き有難うございました!

という訳で今回はダブルオーライザーに続く
GコンバージFWよりEXクシャトリヤをご紹介。
ガンダムコンバージシリーズはちょくちょく集めており
特に合体系(Mk-Ⅱやストライク)は結構集めてますので
小出しにしていこうと思ってます











G_C-FW_EX-KSYATRIYA-1.jpg



-クシャトリヤ-
機動戦士ガンダムUCに登場する機体。
機動戦士ガンダムZ~ZZに登場するクィン・マンサの発展機。
サイコミュを搭載しており4枚のバインダーに
フィン・ファンネルをマウントしております
名前の由来は古代インドにおける階級で第二位の王族の名称。














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-2.jpg



コンバージシリーズらしく
デフォルメされていますが
それでも結構大きめのサイズ。
しかし身長はシナンジュよりちょい低いくらいなのに
こちらは何故か大きめになってます
箱のサイズも通常の2倍ほど。














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-3.jpg


もともと単調とはいえ
色分けもしっかりされています
ちなみにバインダーのイエロー部の
黒だけ自分で塗装してます















G_C-FW_EX-KSYATRIYA-4.jpg


顔アップ。
もとから首はほとんどなく
埋まってる感じでしたが
こちらは更に埋まり気味。














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-5.jpg



軸付きの機体のしるしである
軸の模様も完璧に再現されてあります














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-6.jpg



胸部アップ。
胸の模様がつぶれ気味です
線を細くしてでも
くっきりさせた方が良かったかもしれませんね














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-7.jpg



普通サイズのジムⅢ酸と比較。
高さ的にはちょい大きいくらい?
とにかく横に大きいですね














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-9.jpg



バインダー裏側。
大形バーニアや
マウント状態のファンネル等
細かいところも表現されてます














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-8.jpg



ギミックはバインダー接続部の
変更による展開状態のみ。
せめて武器は付けてほしかった・・・







さてここからは
この商品の目玉といっても間違いない
コンパチのご紹介です












G_C-FW_EX-KSYATRIYA-10.jpg



-クシャトリヤ ベッセルング-
OVAに登場する機体。
デストロイモードのユニコーンに敗れ
機体が破損(原作では右手こぶしのみですがOVAでは4枚のバインダーはちぎられ
4肢は切断されしまいには頭部にビームサーベルを付き刺されて
踏んだり蹴ったりな状態になります)したところをネェル・アーガマに収容。
そこで一次的に連邦との共闘をすることに。
原作ではちょっとした修理を受けた状態で
ユニコーンとシナンジュの決闘に割り込んで
バナージを助けちゃうツンデレポジションを確立するのですが
OVAではネェル・アーガマに収容されたところで
軸付きの技術者によって改修、それがベッセルングとなるわけです

ちなみに既に発売が決定されている「リペアード」は
ベッセルングの状態から更にネェル・アーガマのクルーによって改修され
左ヒジから下はユニコーンのジャベリンを接合、
欠損したバインダー部には大形プロペラント・ブースターを転用し
右足の仮設フレームにはビーム・ガトリングを内装し
露出していたフレームは装甲によってふさがれ
全くの別物となった状態のこと。
ファンネルは使用できなくなったのでバインダー内部は塞がれてます














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-11.jpg



ベッセルングの特徴も完璧に再現。
モノアイは連邦の改修に伴って
レッドからグリーンに変更され
更に頭部の露出、補修のあともしっかり表現。
胸部メガ粒子砲の銃口も左右1門が閉じた状態です














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-12.jpg



左ヒジから下が欠損した状態や
残った2枚のバインダーも
左側はフレームのみ、
更に細かく右側のバインダーも
ファンネル表現がありません














G_C-FW_EX-KSYATRIYA-13.jpg



最後に付属品一覧。

というわけでガンダムコンバージFWEXより
クシャトリヤのご紹介でした
ボリュームやベッセルングとのコンパチ等
再現度は非常に高く飾るにはもってこい。
惜しむらくは特徴と言える左右一対のサーベルがないことだけ。
かなりオススメ出来る一品なのでしたー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。