年が開けたというのに
ビルドファイター系しか作ってないのに今更気が付きました
サンダーボルトも早めに作りたいのですが
塗装→気に入らない→また塗装
の繰り返しで組み立てにまで至りません(汗
薄め液が切れてしまったので
新発売のスタービルドストライクなるものと
合わせて買ってこようと・・・ハッ!またビルドファイターだっ!
年が明けても仕事は忙しいし
逆流性食道炎はなかなか治らないしで踏まれたりけられたりです

ところでカメラなんですが
一眼にしてから最近は前より風景を撮ることが多く
面白い写真もそこそこ撮れるようになりました
例えば

HUUKEI-1.jpg

こんなの。コレは昼に撮った写真ですが
もちろん加工は一切行ってません
ズームレンズで絞り値(F値)をマニュアルにして
あとは絞り値をどんどん上げて行くと
撮り込む光も少なくなり
どんどん写真も暗くなるわけですね
光ってるのは太陽です












HG-KAMPFER_AMAZING-1.jpg



-ケンプファーアメイジング-
ビルドフィターズに登場する改造機。
同シリーズ序盤で登場したザクアメイジグを
作りだした模型部部長「ユウキ・タツヤ」が
「メイジン・カワグチ」の名を襲名した後に操る機体。
作ったのは別の人。

と説明はこんな感じ。
正直ザクに関してはスッキリですが
ケンプファーには「アメイジング」を前に付けた方がすっきりします(笑)
ちなみに「AMAZING」は「AMAZE」の形容詞形で意味は「驚くべき・すごい」。
本場では「ビックリ!」「すごい!」的な感じで使われます(特にほめる時や嬉しい時
要するに「すごいケンプファー」ってことです
がキットは数年前のHGケンプファーが基礎なので
当然ですが可動や構造はかなり厳しいです
可動に関してはヒジ100°、ヒザ80°ほど。
新規パーツは頭部ツノ・肩アーマー・腰追加フレーム・ヒザ~スネの外装と武器一式。
塗装箇所はモノアイ除く全箇所で
本体青:インディーブルー(少し)・国鉄色・ゴールド
本体白:グランプリホワイト
本体・武器グレー:ダークグレー
本体・武器イエロー:イエロー(BAカラー)・ゴールド
とこんな感じ。
弄った個所はツノ3本のみ。














HG-KAMPFER_AMAZING-2.jpg



もともと関節がぐにゃぐにゃなのに
背中のバインダーが重いため
バインダーを前に持っていかないと余裕で倒れます













HG-KAMPFER_AMAZING-3.jpg



背部は新規付属のバインダーが目立ちますが
元のケンプファーにもツインバズーカが
マウントされているので
派手さ具合はどっこいどっこい。














HG-KAMPFER_AMAZING-4.jpg



次に武器。
まずアメイジングナイフ
近距離武器の他投げつけることで
ダメージを与えるための武器。

普段はナイフのケースを
腰のケーブルにある穴に取り付けてマウント。
しかしサイズが合わないため
持たせてもスカスカですぐポロリ。














HG-KAMPFER_AMAZING-5.jpg



次にアメイジングピストル。
格闘戦で使うこともできる小型銃。














HG-KAMPFER_AMAZING-6.jpg



次にアメイジングライフル/ロングライフル
ピストルをライフル本体内部に入れて
更にライフル本体の先端に
ライフルかロングライフルの銃身を選択して取り付け。














HG-KAMPFER_AMAZING-7.jpg



バインダーは簡単に外れるようになっており
内側にこのようにライフルパーツを収納出来ますライフル本体パーツや
銃身ブロックも単体でのマウントが出来るすぐれもの。














HG-KAMPFER_AMAZING-8.jpg



最後に全付属品。
パーツが多いです

という訳でケンプファーアメイジングでしたー
実はバインダーを組み合わせることで
バズーカっぽい演出も出来るらしいのですが
どう頑張っても保持出来なかったのでスル―。
正直素のケンプファー+アメイジングウェポンが
一番良い組み合わせだと感じてしまいました
本体の違いがあまり無い上元の武器が付属しないことが要因でしょうかねぇ
恐らくビルドファイター一番の微妙ポジションだと思います(汗







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ