4月もいつの間にか後半になりました
今月はRGエクシアがメインということで結構静かですね
ちなみにRGエクシア用のリペアパーツを
ホビーオンラインショップにて予約してましたね
僕も一応予約してました(最近になって気付いた)ので
こちらも紹介できると思います












HG-CROSSBONE_MAOH-1.jpg



-クロスボーンガンダム魔王-
ビルドファイターズに登場するクロスボーンX1を改造して作られた機体。
改造手は先のガンダムX魔王と同じヤサカ・マオ。
今回も名前のマオを捩ったネーミング。
機体に関してはガンダムXからサテライトキャノンを胸に、
その他にもリフレクターを機体各所に組み込むことで
エネルギー効率を向上、更に武装もバリエーションを増やすことで
ガンダムXにはない戦闘が可能となっております

キットに関しては完全新規。
しかしHG版でのクロスボーンの展開を予定(というか決定事項)してか
ランナーには素のクロスボーン用のランナーと
魔王用のランナーをしっかり分けてます













HG-CROSSBONE_MAOH-2.jpg



特徴的な箇所としては
胸の大きめの骸骨と
肩や腕・足に設置してあるリフレクター(青紫のシールで表現)。
またバックパックも本家のものとは全く異なります














HG-CROSSBONE_MAOH-3.jpg



バックパックは内側の「アームパック」と
外側の「リフレクターミラーユニット」から構成。
クロスボーン魔王は元のコクピット一体型スラスターを廃し
内側にサテライトキャノンを設置。
スラスターをリフレクターミラーに変更してあります














HG-CROSSBONE_MAOH-4.jpg



可動は優秀でヒジ・ヒザともに120~140°ほど。
その他にも腕・足付け根横関節、腰・足首二重間接とバランスもグー。
立膝に関してはやはり腿が短いため若干アンバランスです














HG-CROSSBONE_MAOH-5.jpg



ここからは武器系をご紹介。
まずはビームサーベル
刃・柄ともに2本付属で刃はクリア成型です
長さはHG基準です














HG-CROSSBONE_MAOH-6.jpg



次にバスターガン。
ビームピストルで威力は弱いですが連射が効きます
本家同様ビームザンバーと合体することでザンバスターになるギミックあり。














HG-CROSSBONE_MAOH-7.jpg



次にビームザンバー
正式名称「粒子加速式ビームサーベル」。
パワーが強いため敵のビーム系を切り裂くことが出来ます














HG-CROSSBONE_MAOH-8.jpg



もちろんビームザンバーとバスターガンを合わせることで
ザンバスターとなるギミックを搭載。















HG-CROSSBONE_MAOH-10.jpg



次にヒートダガー
小型の実体剣でスラスターの余剰熱を使うことで
刃を加熱することが出来るスグレモノ。














HG-CROSSBONE_MAOH-9.jpg



ここからは魔王オリジナル武装です
まずはクロスボーンガン/ソード。
コアファイターのスラスターを利用して作られた武器で
ビームソードの発生及び銃として使用できます

見るからにアレですが
まぁ長いので構えることは出来ません














HG-CROSSBONE_MAOH-11.jpg



次にアームパック。
表現はありませんがこちらも一応
ビームガンやビームソードとして使用可能。
アームはフレキシブルに可動します

ちなみにこちらのソード刃はMG基準。














HG-CROSSBONE_MAOH-12.jpg



最後にスカルサテライトキャノン。
ガンダムX魔王のサテライトキャノンと同程度の威力で
更に体内に内蔵されることで
武器を持ったままでの使用も可能。
しかしエネルギーには問題があるため連発は出来ません
それとドクロの開口時は顔がまるっきり隠れるのもどうなのか・・・














HG-CROSSBONE_MAOH-13.jpg



全付属品。武器はやはり多めです

という訳でクロスボーン魔王でしたー
まーなんというか今までの機体と比べると
元の機体との差があまりないというのは少し痛いところ。
武器も面白いですがもう一つ何か欲しかったかも。
もちろんプレイバリューやかっこよさはピカイチですので
アナザー版的な感じで見るならオススメの一品なのでしたー
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ