はーい三回目はボディーを作っていきまっす!
といっても今回のRGエクシア、ボディーと腰を繋げて作るため
腰から作ると言ったことはできません(やろうと思えばできますが)
なので今回まずボディーを作り次回でトンガリコーンと腰を作っていくことに。

ところでこのエクシア、今までのRGシリーズと比べると
組み立てが若干難しいとの評判ですね
初代ガンダムから徐々に簡略化されてきたのが原因だと思われます
一体成型のパーツも多めになっていましたしねぇ
しかし組み立ての難しさ以上にポロリに「イラッ☆」となってしまうため
正直ストフリさんより楽だと思います(汗
まぁ何と言いますかRGって1/144スケールでのリアルの追及なのですが
実はアクションには向いてないんじゃないかと思います
原因としてはアドバンスドジョイントフレームに有るんじゃないかなー、と。
RGシリーズではおなじみ「アドバンスドジョイントフレーム」ですが
これが実は厄介で初めから出来あがっている分
関節の強度や接続部の短さ、材質上外装パーツとの噛み合わせが悪いように感じます
特に股関節軸は決定的に短いため
動かそうとするとまずここが取れてしまう印象。
さらにピンでの固定が出来ない可動部等に付けるパーツも
噛み合わせが悪いので気が付くと外れている場合が多々あります
折角の可動の良さを持ちながらアクションに向いてないって何と言う皮肉なのか・・・

まぁ僕みたいにパーツをいちいち全て切り取って
並べて写真撮るというアレな工程さえ踏まなければ
組み立て自体は結構サクサクだと思います(汗
あとはホログラムパーツの賛否。
MGにしろRGにしろ一番目立つのは肩から上腕にかけて繋がる部分。
MGのはまだ厚みがあるのでそこそこの存在感ですが
今回はペランペランなので横に向けないと存在感が薄いです(汗










RG-GUNDAM_EXIA-34.jpg



まずは全パーツ。
ボディーはトンガリコーンを除き全32パーツで構成。
ストライクフリーダムから見ると一体成型パーツが減り
細かいパーツが増えた印象。
これがストライクフリーダムより作りにくいと感じる箇所ですね














RG-GUNDAM_EXIA-35.jpg



まずアドバンスドジョイントフレーム(以下AJフレーム)zz(上)と
AJフレーム(下)を組み合わせます














RG-GUNDAM_EXIA-36.jpg



裏返してUの字のフレームパーツを取り付け。
これによってAJフレーム(上)を挟みこみ。
Uの字のフレームの両サイドにはシルバーのシールを貼っておきます














RG-GUNDAM_EXIA-37.jpg



そしてひっくり返したら
AJフレーム(上)の両脇に有る出っ張りに
ホログラムパーツをひっかけます
これは素のままでは取り付けにくいのでajフレーム(上)の
肩関節を上に持ち上げると楽。














RG-GUNDAM_EXIA-38.jpg



また裏返し丸いフレームパーツを取り付け。
これはトンガリコーンの受け皿であると同時に
ホログラムパーツの留め金になります














RG-GUNDAM_EXIA-39.jpg



元に戻したらホログラムパーツを抑えながら
胸部フレームパーツを取り付けます
このパーツの上部にはシールを貼りますが
一番目立つ部分なので綺麗に貼りたいところ。

僕はもちろん既にリアリスティックデカールの
部品注文してるので抜かりはありません!(何かが間違ってる














RG-GUNDAM_EXIA-40.jpg



更に円形部と襟元に白のカバーパーツを取り付けまず













RG-GUNDAM_EXIA-41.jpg


次に背部カバーパーツに
GNドライブ用の固定ツメパーツを設置。














RG-GUNDAM_EXIA-42.jpg



これを背中に取り付けます
噂によるとこの受け皿部分が硬すぎて
取り付けたGNドライブが外せなくなる現象が起こるとのこと。
若干フチ周りを薄く削っておくとイイかも。














RG-GUNDAM_EXIA-43.jpg


次にコクピットハッチ。
フレームパーツにカバーパーツを被せるだけ。














RG-GUNDAM_EXIA-44.jpg



先に胸部コンデンサー用のクリアパーツを
設置してからコクピットハッチを下に取り付け。














RG-GUNDAM_EXIA-45.jpg



次に上に首回りカバーパーツを













RG-GUNDAM_EXIA-46.jpg



下に基盤フレームパーツを設置。
こちらは突き出ている輪状の部分を
90度まわして横→縦向きにしておきます














RG-GUNDAM_EXIA-47.jpg



更に下の基盤フレームと
襟元の上部に青のカバーパーツを取り付け。














RG-GUNDAM_EXIA-48.jpg



最後に肩関節ブロック。
先に上部カバーパーツの先端にあるピンに
胸部ダクトパーツを取り付け。
ダクトパーツにも細かい形状の違いがあるので注意です














RG-GUNDAM_EXIA-49.jpg



これを肩関節上部に取り付けて
下の青のカバーパーツ両脇に
赤いカバーパーツを取り付け。














RG-GUNDAM_EXIA-50.jpg



あとは下からグレーのカバーパーツを
肩関節を挟むように取り付けて














RG-GUNDAM_EXIA-51.jpg


最後にダクト周辺カバーパーツを前から、
襟元にブレードアンテナを取り付けてボディー完成です!














RG-GUNDAM_EXIA-52.jpg



裏側。

という訳で今回はここまで。
足に比べるとパーツの細かさは変わらずですが
かなりサクサク進めます
次回腰とトンガリコーンを作って胴体完成となります
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ