はーいどもKでっすー
どうでもいいんですけど僕コーヒーはブラックしか飲みません・・・が
他の方と飲むと決まって「それおいしいの?」的なことを言われます
これっておかしいことなのか・・・と最近疑問に。
個人的にはブラックの方がコーヒーの味が出るのと
砂糖やミルクをいれると飲んだ後に気持ち悪くなるというナゾの現象に見舞われます

・・・いやどうでもいいんですけどね

さて前回の冒頭で「6月の新商品」について少し触れましたが実は一つ見落としが。
そうHGネオ・ジオングです
なんとep7にて登場したトンデモMAネオ・ジオングが早くもキット化。
これ通すなら新しいPG作ってくれても・・・と思わずにはいられない!
お値段はなんと27,000円(税込)!でかつ高さはなんと86cm!
・・・いやこれをどーしろと
買ってく作ったとしても飾る場所なんてありません(汗
オマケに劇中にも登場したサイコ・フィールドを張れる装置「サイコシャード」
も既にホビーオンラインショップさんの方で予約販売決定とえらい張り切りよう。
サイコシャードは直径66cmだそうです
こちらでは当面は取り扱わないと思います(汗
あとは投げ売りをきt・・・おっとゲフンゲフン






RG-GUNDAM_EXIA-85.jpg



まずショルダーアーマーを作ります
作りはシンプルで全8パーツ構成。









RG-GUNDAM_EXIA-86.jpg


まず薄い青の基礎パーツ(前)に
裏側からホログラムパーツを入れて
上部のフックに引っかけます









RG-GUNDAM_EXIA-87.jpg


更に内側に肩関節接続用の
フックパーツを取り付けて
反対側のパーツで挟みます









RG-GUNDAM_EXIA-88.jpg


そして上から濃い青のカバーパーツを被せます









RG-GUNDAM_EXIA-89.jpg


最後に裏に白のサーベル柄用の
マウントパーツを取り付け。
このパーツは出っ張りがある方が上になります









RG-GUNDAM_EXIA-90.jpg


本体への取り付けはまずショルダーアーマーを取り付けてから
ホログラムパーツの端に空いた穴に上腕の四角いピンを差し込んで









RG-GUNDAM_EXIA-91.jpg


四角いパーツでフタをして出来あがり。
この四角いパーツは太い方が上になります








RG-GUNDAM_EXIA-92.jpg


さて次に頭部を作ります
こちらは全18パーツ構成とパーツ量が何気に多く
極小サイズのパーツもあるので完成前の最後の関門となります









RG-GUNDAM_EXIA-93.jpg


まず目元と口一体の赤パーツに
白のフェイスパーツを被せて









RG-GUNDAM_EXIA-94.jpg


更にそれを頬の
土台パーツに被せます
これでフェイス部は完成。








RG-GUNDAM_EXIA-95.jpg


次に基部側を組みます
まず基礎フレームパーツにクリアグリーンの横に長いパーツを設置。
このクリアパーツには前後センサーとモノアイシールを貼っておきます









RG-GUNDAM_EXIA-96.jpg


で反対側の基礎フレームパーツでサンドした後
先に作ったフェイス部を下から押し込んで取り付け。
その後フレームパーツの外側に
GNコンデンサーシールを貼っておきます










RG-GUNDAM_EXIA-97.jpg


で外装パーツを取り付ける前に
内側にイエローのダクトパーツを設置。
ギザギザのモールドが外側になるようにします









RG-GUNDAM_EXIA-98.jpg


で更に外装パーツを取り付ける前に
頭部両脇上部にホログラムパーツを設置。
これは固定されないので
外装と合わせて取り付けると楽。









RG-GUNDAM_EXIA-99.jpg


で外装パーツを先に付けたホログラムパーツを
巻きつけるように内側に入れて取り付け。
これがなかなか難儀で先に付けたホログラムパーツが外れやすく
また内側に巻きつけながら抑えるのも大変なので
外装を浅く取り付けてからホログラムパーツを内側に押しつけて入れると楽。









RG-GUNDAM_EXIA-100.jpg


あとはトサカパーツをてっぺんに、
GNコンデンサー部分のクリアパーツを
両脇に取り付けたらあとは両脇後部にツノパーツと
おでこにアンテナパーツを取り付ければ完成。









RG-GUNDAM_EXIA-101.jpg


やっと本体完成です!
今までのモノと比べると結構マッシブな印象。
イケメンは相変わらずですが
やはり方のホログラムパーツは正面からみると存在感なさすぎです(汗









RG-GUNDAM_EXIA-102.jpg


後ろもなかなかごつごつ。
腕のホログラムも後ろからでないと見れないのがニクいところです









RG-GUNDAM_EXIA-103.jpg


顔アップ・・・なのですが
目が奥に有るせいで
光を当てないとモノアイが見れないので残念。









RG-GUNDAM_EXIA-104.jpg


可動に関しては非常に優秀。
肩関節引き出し、ヒジ・ヒザ関節ほぼ180°、
足首二重間接・足中央、つま先の可動
ともしかするとHGエクシアを超えるやもしれないレベル・・・なのですが
唯一残念なのがやはり股関節。
今回は股関節軸の移動機構がないため
どうしても腿の外装が干渉してしまう為
立膝は綺麗に決まりません
これはつまり足が90°より上に行かないことになります

また、肩の付け根も残念ポイントで
材質がプラ製のため固く、そのため腕を上に上げると
本来なら100°ほどまで上がるのですが
繋がったホログラムパーツのせいでショルダーアーマーが外れます(汗
ショルダーアーマーの付け根を接着すれば何とかなるかも・・・ですが
やはり残念ポイント。

という訳で今回はここまで。
やっと本体完成・・・ですが色んな意味で「可動に向かない」構造になってます
まぁRGは飾る方がメインなのでそれで良い方はいいんですが
作ったガンプラで遊びたい!系の方はHGをオススメします
次回は武器類を作って本体完成となります!
がリペアパーツがあるのでもう少しだけ続きます
それではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ