さて二回目となる今回から制作に入ります
ターンXは他のMGにはない造りになるので
かなり新鮮というか楽しく進めることが出来ます

さて最近はこれといったネタはありませんが一つ、
今全国に展開している「ガンダムワールド」について。
といっても僕の方でも紹介した「ガンダムEXPO」のようなものではなく
様々な期待の紹介や歴史といった「展示会」という感じ。
でまぁ8月に僕の生息地である仙台にも来ちゃうらしいのです
でもまぁなんとゆーかね、「新発表」的な要素はなさそうなので
恐らく紹介はしないと思います(笑)











MG-TURN_X-17.jpg


さて今回はボディーを組んでいきます
構成は全26パーツで内一つがクリアスモークパーツとなります
外装パーツがかなり少ないのが面白いですね









MG-TURN_X-18.jpg



まず肩関節。
丸めのカバーパーツの裏から
フレームパーツを押し込みます
これを二個作ります









MG-TURN_X-19.jpg


で突きだした棒の横に有る穴に外側から接続パーツを取り付け。
穴が空いているほうが上で薄い出っ張りが横方向になります









MG-TURN_X-20.jpg


最後にフック状のアームパーツを
接続パーツの下に取り付けて関節完成です
このアームパー^つは方向が違っており
本当は接続パーツの方向に向けておきます









MG-TURN_X-21_1.jpg



これを丸で囲った軸部分に取り付けます








MG-TURN_X-22.jpg



次に下部ブロックです
まず受け皿パーツの上に横軸付きパーツを設置。
中は空洞ですが特にライトユニットを仕込める訳ではありません









MG-TURN_X-23.jpg


その上に更に大きめの
今度は縦方向に軸の付いたフレームパーツを取り付け。









MG-TURN_X-24.jpg


最後に上から大きめのカバーフレームパーツを被せて完成。
カバーパーツは上の一方向にミゾがあります









MG-TURN_X-25.jpg



作った下部パーツを
先に関節ブロックを取り付けていた
上部フレームの下に有るフック部に取り付けてから
前部フレームパーツを取り付け。
胸部フレームパーツには先にカラ―シールを貼っておきますが
左→右の順で張らないとバランスが悪くなります









MG-TURN_X-26.jpg


更に裏側からもフレームパーツを挟みこみ。








MG-TURN_X-27.jpg


前に戻ってクリアスモークのパーツを被せます
先に張ったシールがイイ感じに写ります









MG-TURN_X-28.jpg


次にバックパックの接続ブロック。
接続パーツの片方に
妙な形状のパーツを取り付けます
そして反対側の接続パーツで挟みます








MG-TURN_X-29.jpg


これを背部に、まず上を先に取り付けてから下側を接続。
下の棒状の部分についてはこれまたナゾで
何かのコネクターだったのかもしれません









MG-TURN_X-31.jpg


あとは上から首回りフレームパーツを被せて








MG-TURN_X-30.jpg


更にその上から首フレームパーツを設置。
このフレームパーツは固定されているので可動しません









16_20140615023825f7f.jpg


あとは下1、上4のカバーパーツをそれぞれ取り付けて完成です!









17.jpg



下に張ったシールの模様は
光に当てることで浮かび上がります

という訳で今回はここまで。
パーツ量はそこそこですが
やはり一つ一つが大きめなので組み立ては非常に楽。
むしろ初心者さんやステップアップ用としての価値が高いと思えます
次回は頭部~腕中盤くらいまで進めると思います
それではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 気になりました

コメント頂き誠に有り難うございます!
確かに使い方間違ってました(汗
申し訳有りませんでしたm(__)m

気になりました

>なんかある種のシンメトリーを感じます

どういう内容に、シンメトリーを感じたのか
意味が分かりませんでした。

シンメトリーという言葉をご存じでしょうか?

PAGETOP

まとめ