上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さあて三回目となる今回はヘッドと
アームの上部(腕側の関節と上腕・肩アーマー)まで進めます
ちなみに次回は腕のみとなりますが
ターンXは右腕の「シャイニングフィンガー」と
左腕の通常アームに形状の違いがあるので
両腕を別々に紹介していくため若干伸びるるので丁度いい感じに。
更に付け加えると右腕は「シャイニングフィンガー」のみで
通常のアームとの選択は出来ません

というかターンXはターン∀以上にナゾが多く
数回にわたって修理という形でパーツをとっかえひっかえしてきたため
もともとの形状からかけ離れているらしいのです
また修理で付けたしたパーツも全てロストテクノロジーによって造られたのもなので
もしかするとターンXの腕は両腕ともノーマルだった、とか
ターンXも実はガンダムだったのでは?という憶測も出来る訳ですね
(ターンXのモノアイも二つ目っぽく光るし)








MG-TURN_X-32.jpg


まずは頭部を作っていきます
頭部は全11パーツで構成。
内1パーツはクリアスモークパーツになります









MG-TURN_X-33.jpg


初めに上部ブロックを作ります
まずクリアパーツの下に
直接接続パーツを取り付けます









MG-TURN_X-34.jpg


次に上からアンテナ一体の
カバーパーツを被せます
尚モノアイシールは黒とモノアイの二種類が付属。
張る際はクリアスモークパーツの上に貼ります








MG-TURN_X-33.jpg


次に基部ブロック。
まず首接続用ボールの付いたフレームパーツに
パイロットであるギンガナムフィギュアパーツを取り付け。









MG-TURN_X-36.jpg


次に前に口パーツ、
後ろの半円状のパーツを取り付け。
ちなみに後ろの半円状の部分は「リンケージシステムアレイ」
と呼ばれる個所で恐らくシステム間の仲介的機能を持っているものと思われます
一節によると「軌道衛星砲カイラス・ギリ」のコントロールシステムも積んでいるらしいので
その関連のシステムなのかもしれません
(軌道衛星砲に関しても存在の有無等ハッキリしてませんが・・・)









MG-TURN_X-37.jpg


で最後に下から
底フレームパーツを取り付け。









MG-TURN_X-38.jpg


先に作った上部ブロックと
基部ブロックを頭部横カバーパーツにそれぞれ取り付け。









MG-TURN_X-39.jpg


反対側の横カバーパーツで挟んで頭部完成です!
モノアイシールを貼っていないので
目の当たりは暗くなってます
正直作るまでは不安だったんですが
完成したものを見るとかなっりイケメンです
正直シール貼らない方がいいかも?(個人の好みによります)









MG-TURN_X-40.jpg


モノアイブロックはコクピットハッチとしての
機能も持ってます
ちょっと奥にあるのでギンガナムの顔は
覗きこまないと見れません









MG-TURN_X-41.jpg


次は上腕+肩アーマーまで組んでいきます
まず全パーツ写真ですが
一つ、肩アーマーに使うクリアスモークのパーツを入れ忘れてしまったため
本当は16パーツで構成されます
申し訳有りませんm(__)m









MG-TURN_X-42.jpg



まず前腕接続用のフレームパーツに
前から左右にフックの付いたパーツを押し込みます
フック付きパーツは長い方が上になります









MG-TURN_X-43.jpg


これをT字型フレームパーツの
長い方にある太めのピンに押し込みます
その後T字型フレームの短い方でサンド。
これは上腕の下部ブロックになります








MG-TURN_X-44.jpg


次に上腕フレームパーツに
先にボールの付いたパーツを付けておき









MG-TURN_X-45.jpg


で上腕フレームパーツの下に有る太めのピンに
下部ブロックに空いている穴を通します
更に上にも円形状の肩関節パーツを取り付けて
反対側のフレームパーツで挟みこみ。









MG-TURN_X-46.jpg


あとは最初に付けたパーツの左右にあるフック部に
半円のフレームカバーパーツを取り付け。
ここは前腕この接続部ですが
オールレンジ再現時に閉じることが出来る訳ですね
これで上腕部は完成となります








MG-TURN_X-47.jpg


次に肩関節ブロックの腕側。
カバーパーツの裏から
フレームパーツを押し込むだけですが
ミゾに特定の形状があり、
ミゾが横線上に一本と斜め線に2本あるので注意です









MG-TURN_X-48.jpg


最後に肩アーマーです
構造は単純で右のように下に追加フレームを、
上部の半分にクリアスモークのパーツを設置して
カバーパーツを被せて完成となります
このクリアスモークパーツが撮り忘れてしまったパーツ。









MG-TURN_X-49.jpg


上半身も完成までの道が見えてきました(すぐそこですけど)
フレームはそれほどでもないんですが
装甲がかなりいかつく「追加装甲」感が出て良い感じ。

という訳で今回はここまで。
なんというか予想以上に簡単です(笑)
次回はシャイニングフィンガーと左腕を組んでいきます
ではまた次回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。