三回目にしてようやく組み立ての方に進むのは今回が始めてかも?
で前回でも触れたユニコーン人気、
どうやら本体以上にライトユニットが人気らしく(もしくは在庫が少ない?)
本体残っててもライトユニット売り切れーというよくわからない現象が起きているようです

さて来年の新作に一つ新たに加わる
HGBFアメイジングレッドウォーリア。
そうレッドウォーリアなんです!
ようやく商品化されてくれたレッドウォーリア、
形はどうあれ待ち望んだ自分は非常にうれしいです
レッドウォーリアは1980年代にコミックボンボンで連載されていた
「プラモ狂四郎」にて主人公である狂四郎が
作った、別名「フルアーマーガンダムⅢ」と呼ばれる架空の機体。
全身真っ赤でガンダムヘッドにフェイスはマスクだったため
当時はかっこいい上に異色の存在で好きな機体ナンバーワンでした
発売は来年1月予定とのこと。
楽しみが一つ増えました(^-^ )

で今回から組んでいく訳ですが
説明書の指示では初めにスタンドを作るんです
がライトユニットを組まない自分は
とりあえず暫くはスタンドを必要としないので
後回しにし、先に本体を作っていこうと言う訳です
なんかここまで来るとライトユニット無いのが負け組扱いされてるようで
なんというか露骨すぎるような?(汗
いいですよ!どうせ負け組なんだからっ




PG-UNICORN_GUNDAM-35.jpg


さて本編に入ります
まずは全体写真こちらはフレームパーツで
何パーツかは数えるのが面倒な37パーツ









PG-UNICORN_GUNDAM-36.jpg



でこちらが外装+ポリパーツ類。
実は右端に有る黒とグレーの輪っかパーツが
片側分しかないのに気がづいたので
+4パーツ、更に首元のグレーパーツも
入れ忘れてしまったので+1パーツで
計39パーツ。
フレームパーツと合わせるとなんと驚き全76パーツ構成。

グレーパーツは次回で使うのでその時に乗っけます
輪っかパーツは既に乗っているので割愛。








PG-UNICORN_GUNDAM-37.jpg



まず黒の穴のあいたパーツに
厚めのポリパーツを押しこんで









PG-UNICORN_GUNDAM-38.jpg



これをサイコフレームパーツに
下から押し込んで取り付け。









PG-UNICORN_GUNDAM-39.jpg


次にU型のフレームパーツに
左に黒のポリパーツを、
右にグレーのポリアセタールの
全く同じ形をしたパーツを取り付け。
少し出っ張っている方が内側になります

ちなみにポリアセタ-ルというのが
どういうものかはわかりませんが
ポリエチレンどころかABSクラスの硬さ。
強度維持のためのものなのかもしれません









PG-UNICORN_GUNDAM-40.jpg


で先に作った下部フレームに
U字型フレームを上から重ねます
この時はまだ固定されていません









<PG-UNICORN_GUNDAM-41.jpg



これを裏から棒パーツを差し込んで固定。
これがまた硬いのなんの
何もせずそのまま取り付けると
完全に取れなくなります
なので押し込む前に棒パーツを薄く削っておいた方が無難。







PG-UNICORN_GUNDAM-42.jpg



次にコクピット。
まずはシートパーツに
パイロットフィギュアパーツを取り付け。
ちなみにフィギュアは白一色です
サイズが大きくなった分塗装が楽・・・と思ってたんですが
正直こっちの方が塗りにくいと思います(汗









PG-UNICORN_GUNDAM-43.jpg


で前から白の枠パーツを被せます








PG-UNICORN_GUNDAM-44.jpg



これをまずコクピットフレーム(後)
パーツに取り付けます
若干斜めに上がる辺りがリアル感アップ。









PG-UNICORN_GUNDAM-45.jpg



次にコクピットフレーム(前)パーツを
先に作った下部ブロックの
U字フレームに取り付けたパーツに取り付け。
この時曲がっている方に取り付けないと上手くはまりませんので注意。









PG-UNICORN_GUNDAM-46.jpg



でコクピットブロック(後)と合わせます





PG-UNICORN_GUNDAM-47.jpg



次に下からグレーのカバーパーツを
押し上げて取り付け。
このパーツは先に下部ブロックの固定に使った
棒パーツの先に当たるように取り付けるので
棒パーツが奥まで差し込まれてないとこのパーツも取り付けられません








PG-UNICORN_GUNDAM-48.jpg


でコクピットハッチ周りの
グレーフレームカバーパーツを
前から取り付け。









PG-UNICORN_GUNDAM-49.jpg



次に腰との接続ブロック。
まず板状のパーツに
ポリパーツを埋め込んで









PG-UNICORN_GUNDAM-50.jpg



グレーのカバーパーツを被せます








PG-UNICORN_GUNDAM-51.jpg



コレを本体下部に取り付け。







PG-UNICORN_GUNDAM-52.jpg



次に肩関節。
まず関節パーツ(短)の
先が出っ張っている方に黒の
ナットの形をしたポリパーツを
ふちが出っ張っている方を内側にして取り付け。








PG-UNICORN_GUNDAM-53.jpg



反対側の出っ張っていない方に
グレーの同様のパーツを
それぞれ取り付け。









PG-UNICORN_GUNDAM-54.jpg



次に関節パーツ(長)にも
ポリパーツとグレーパーツを取り付けます
こちらは特に裏表の差は無いので
自由に取り付け出来ますが取り付けた後の
向きには気を付ける必要があります









PG-UNICORN_GUNDAM-55.jpg



関節パーツを繋ぎます
ここで内側がポリパーツを埋めた方向になります
また、繋げるパーツは長い方の先があえて細くなってますが
コレを切りお取りてしまうとかなり痛いので
間違えて切り落とさないように注意です

また、長い方の関節パーツは
奥まで押し込むと何故か結構な確立で
外側のグレーパーツがポンッと飛び出てしまうので
いちいち元に戻す必要があります









PG-UNICORN_GUNDAM-56.jpg



更に外側からパーツをスライドさせて固定。
先に言っておきますめっちゃかったいです
120%の力を出しても取り付け出来ませんでした(汗
なのでどうしても取り付けられない場合は
付ける側のパーツにあるミゾを
ホンの気持ちナイフで削っていくと
驚くほど楽に取り付け出来ますのでお試しあれ。

それと下の方、細くなっている箇所にスライドさせる訳ですが
ここでグレーの輪っかパーツが少しでも浮いていると
これまた取り付け出来ません
なのでこのパーツはしっかりゲート処理するよう注意です










PG-UNICORN_GUNDAM-57.jpg



そうしたらそれぞれの関節を
長い方を外側に、
短い方を内側に曲げておきます









PG-UNICORN_GUNDAM-58.jpg



次に箱型のフレームパーツに
短い方の関節を取り付け。
箱型パーツの穴に上手く合わせて押し込みます

どうでもいいですが子供のころ
穴のあいた箱にその穴に合った形のブロックを入れる
遊びをしていたのを思い出しました(笑)
あ今の世代ではないかもしれません(汗
本当にどうでもいいお話でした








PG-UNICORN_GUNDAM-59.jpg



更②内側に細長い形状の
フレームパーツを下からスライドさせて取り付け。









PG-UNICORN_GUNDAM-60.jpg



これを大形のフレームパーツの
端に有るミゾに沿って設置。
まだ固定はされてません









PG-UNICORN_GUNDAM-61.jpg



これを裏から板状のフレームパーツで
挟んで固定します
ここは丸ごとスライドするので
展開はらくそうですね








PG-UNICORN_GUNDAM-62.jpg



これを本体上部に取り付け。
やっとボディらしくなってきました

という訳で今回はここまで。
少々長くなってしまいました(汗
ここまで読んで下さった方お疲れ様でしたー
なかなか区切りどころがつかめず
長くなったり短くなったりすると思いますが
ご勘弁・ご了承願いますm(__)m
次回でボディ完成まで進めて行こうと思います
ではまた次回っっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コメントの件

コメント有難う御座います。
外れるというのは肩ブロック全体が、という事でしょうか。
まず肩ブロック(フレーム)を作ったら、
ボディーフレームの上に乗せるところまでは良いでしょうか。
そうしたら下から板上のパーツで挟むことで固定されます。
板フレームパーツを取り付けたら内側まで押し込むことで
肩ブロックは固定されるのでお試しください(^-^ )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

PAGETOP

まとめ