ハーイこんにちは!
新年明けて早々ですが取り上げるネタが尽きてしまったKです
実は毎回非常にどうでもいいネタを適当に書いてるんですが
どうもネタがないと更新しづらいなぁと感じるようになってきました(汗

という訳で今回は「趣味」について。
皆さんはどれくらいの趣味をお持ちでしょうか?というものです
まずここを見てくださっていると言う点で
ガンプラが趣味であることは間違いない!
と思いこんではいるんですが
自分はガンプラ意外に10近くも趣味を持ってます(汗
要するに飽きっぽい性格なので
本当に面白いと思う者しか残らないんですがそれでも結構あります

そこで今回は皆さんの趣味をずばり!当ててみたいと思います
そう!ズバリ妖怪ウォッチですね!

・・・スイマセン無理やり流行に乗ろうとしました
・・・これってもしかして妖怪のせいじゃないだろうか
更新が遅れるのもきっといや絶対そうにきまってるっ!






PG-UNICORN_GUNDAM-301.jpg



さてそれでは今回は頭部を組んでいきます
構成パーツは37パーツと多め。
また今までのブロックに比べると格段に
パーツが小さくなってますので
そのままのノリで行くとパーツを紛失してしまうかもしれませんのでッ注意です









PG-UNICORN_GUNDAM-302.jpg



まず頭部の基礎フレームパーツに
下にポリパーツを、上に
可動式の縦に長いパーツをそれぞれ取り付けて
反対泡のパーツで挟みます








PG-UNICORN_GUNDAM-303.jpg



続いて前方両脇に
小さめのサイコフレームパーツをトリ付け。
これはデストローイモードで
頬に現れるサイコフレームになりマース









PG-UNICORN_GUNDAM-304.jpg



続いて頭部カバーパーツの
前方両脇にヘッドバルカンパーツを取り付け。
これがもうかなりの小ささなので
一度見失うと確定でパーツ注文行きクラス。
要注意ですね








PG-UNICORN_GUNDAM-305.jpg



更に前からカバーパーツを取り付けて
先のバルカンパーツを抑えます









PG-UNICORN_GUNDAM-306.jpg



続いてサイコフレームパーツに
細長いカバーパーツを取り付け。








PG-UNICORN_GUNDAM-307.jpg



これをヘッドカバーパーツの裏から
スキマに合わせて取り付けると









PG-UNICORN_GUNDAM-308.jpg



このようになります
ここはアンチェイド時に現れる箇所ですね









PG-UNICORN_GUNDAM-309.jpg


続いてトサカ。
まずフック付きフレームパーツに
クリアグリーンパーツを取り付けて







PG-UNICORN_GUNDAM-310.jpg



更にカバーパーツを被せます








PG-UNICORN_GUNDAM-311.jpg



続いてアンテナの付け根部分に
左は上、右は下にそれぞれ
黒パーツを取り付けます
取り付ける部分の形状が異なっております
右は出っ張っており、
下は凹んでいるのが特徴。









PG-UNICORN_GUNDAM-312.jpg



しっかりとはまっていると
っこのように合わせた時にピッタリと付きます
逆にパーツが違っていたり
しっかりパーツが取り付けられてないと
ゆがんだり浮いたりするので注意です









PG-UNICORN_GUNDAM-313.jpg


続いてフェイス。
ガンダムフェイスとマスクフェイスの二種類を作っていきます

まずガンダムフェイス。
サイコフレームパーツにフェイスパーツを取り付け








PG-UNICORN_GUNDAM-314.jpg



続いてガンダムフェイスの
フレームパーツに
裏からモノアイクリアパーツを押し込んで取り付け。
ライトユニットを使用する際は
裏にシルバーシールを貼らず、使用しない時は
裏にシルバーシールを貼って目立たせます









PG-UNICORN_GUNDAM-315.jpg


フェイスとフレームを合わせて
ガンダムフェイス完成。









PG-UNICORN_GUNDAM-316.jpg



続いてマスクフェイス。
カバーパーツに裏からT字型の
クリアグリーンパーツを取り付けて









PG-UNICORN_GUNDAM-317.jpg


更に裏からフレームパーツを重ねて完成。
こちらもガンダムフェイス同様
ライトユニットを使用する際はシルバーシールは貼らず
使用しない際はシルバーシールを貼ります
こっちは若干貼り付けが難しいので
端から押しあてながら貼っていくと楽な気がします









PG-UNICORN_GUNDAM-318.jpg


続いて頬フレームパーツに
本体接続用アームパーツを取り付けて









PG-UNICORN_GUNDAM-320.jpg



外からカバーパーツを被せて
次に頬の前方カバーパーツを取り付けます









PG-UNICORN_GUNDAM-321.jpg


さて仕上げに入ります
まず基礎フレームブロックの裏に
カバーパーツを取り付けて









PG-UNICORN_GUNDAM-322.jpg



上から頭部ブロックを取り付け







PG-UNICORN_GUNDAM-323.jpg


更に上からトサカブロックを取り付けます
ここはスライド機構になってます









PG-UNICORN_GUNDAM-324.jpg



続いてガンダムフェイスを
トサカの裏に取り付けます
これがスライドギミックの理由。
変身する際にガンダムフェイスを
奥に移すためのものだったんですねー








PG-UNICORN_GUNDAM-325.jpg



更にアンテナを
トサカブロックの前方のフック部分に取り付け。
つまりアンテナが連動するってことですね









PG-UNICORN_GUNDAM-326.jpg



後はマスクフェイスを手前の下に取り付けて
ガンダムフェイスを収納すれば完成です!









PG-UNICORN_GUNDAM-327.jpg



自分が思う今までで最高にかっこいいユニコーンガンダム。
正直今までは「ユニコーンモードはオマケ」的な
要素が強かったんですがこれはもうオマケとは言わせない!








PG-UNICORN_GUNDAM-328.jpg


リアヴュー
スッキリでスマートなフォルム。
各部のラインが良いですね(^-^ 








PG-UNICORN_GUNDAM-329.jpg



フェイスをドアップ。
マスクは写真のように
クリアラインを出すことが出来ますが
クリアラインを完全に隠すこともできてうれしいポイント。

という訳で今回はここまで。
やっと本体が完成して
完成も近づいてきましたね!
次回はバックパックを作っていきます
ではまた次回ッ!




・・・あやっぱりデストロイモード見たいですよね?ね?







PG-UNICORN_GUNDAM-330.jpg


ハイッ!デストロイモードです
脚がに段階伸びてますが
今回は脚がマッシブになったおかげか
MGほど脚の長さは気になりません
サイズが大きいせいもあるのかも?
さーてここから更に展開する訳ですが・・・
楽しみは後に取っておこうと思います(記事のネタ的)







PG-UNICORN_GUNDAM-331.jpg


ついでにこちらもドアップでーす
ちなみにアンテナの中央付近に
少し違った色の細長い部分が確認できますでしょうか
これがツノを閉じる際に有効な磁石なんです!・・・が
正直あまり役に立ってない残念ポジション。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ