気が付くと今回で16回目。
ここで取り上げたモノの中で一番長いことになる訳ですが
(ちなみに2位は昨年の年末に始めたMGサザビーVer,Ka)
なんか途中で止まったままのカテゴリーも結構あるので
時間があるときにちょいちょい埋めて行きたいところですねー

ところで・・・ガンプラの改造で
「こういう形が欲しい」と思う事は結構あります
「ここがこんな感じになれば・・・」と
思う事も多々ある訳ですが
それをデザインするだけで作れたらさぞ便利でしょうねぇぇぇ

そう!最近何かと噂(良くない話の方が多い気もしますが)の
3Dプリンターってものがありますよね
パソコンで作りたいものの形をデザインするだけで
何の苦労もなく出来たら良いだろうなぁと
夢焦がれる日々。

>でもお高いんでしょう?

そんなあなたにデアゴスティーニが答えてくれるそうですよ!

えー何々
初刊が999円で次号から1998円、
全55号で完結、内一つに基盤が付いて2999円なので
なんと計10万9892円で
夢の3Dプリンタが手に入るそうです!
まぁ安いか高いかで言うと微妙ですが
デザイン出来るものなら何でも作れてしまうのはとても魅力。

・・・すいません次回からはコレを組んでいこうと思います(割と本気

ちなみに月に2号だすようなので
1か月3996円で全55号ということは
27か月、つまり2年と3カ月ほどで完成するので実は結構緩い気がします
2年間月4000円お小遣いカットと思えば非常に楽・・・いやMじゃないですけど
更にハンダ付けのような知識を必要とせず
ドライバーとレンチで出来るらしいので楽々ですね!






PG-UNICORN_GUNDAM-332.jpg



さて今回もパーツ紹介から入ります
まずは濃紺のカバーパーツ。
ここまで進めてくれば大体わかりますが
カバーパーツはかなり大味というか単純。
価格を抑えるため・・・というのは分かりますが
これでは少々物足りないと思う方も多いかもしれません









PG-UNICORN_GUNDAM-333.jpg



続いてサイコフレーム。
こちらもなかなかの大きさです









PG-UNICORN_GUNDAM-334.jpg



最後にフレーム及びその他細々パーツ。
バーニアパーツは4基作るので同じパーツが目立ちます









PG-UNICORN_GUNDAM-335.jpg



さてで刃組んでいきます
まず外側のフレームブロック。
サイコフレームパーツに
青のカバーパーツを被せて









PG-UNICORN_GUNDAM-336.jpg



先に取り付けたサイコフレームパーツの
上の両脇に有るピン(写真はクリックで拡大化出来ます)
にまた違うサイコフレームパーツを取り付け。








PG-UNICORN_GUNDAM-337.jpg



続いて上部バーニア。
サイコフレームパーツの下に
グレーのバーニアパーツを取り付け、
更に白のパーツを中に押し込んで取り付けます

サイコフレームパーツには
見づらいですが左右で若干形状が異なります
街会えないよう注意ですねー








PG-UNICORN_GUNDAM-338.jpg



次にこのバーニアブロックを
内側に来るサイコフレームパーツに取り付けます
取り付けるときの角度は特に問題ありませんが
取り付けたら外側に広げておきます








PG-UNICORN_GUNDAM-339.jpg



続いて外側のブロックと合わせるのですが
そのまえに先に作っておいた
外側ブロックに上から板状のサイコフレームパーツを
スライドさせて取り付けます
このパーツも向きに注意です









PG-UNICORN_GUNDAM-340.jpg



そうしたら外側ブロックと
内側ブロックを合わせます
写真のようにバーニアが引っかかってしまわないように
外側に目いっぱい広げておく必要があります








PG-UNICORN_GUNDAM-341.jpg



続いて中央付近のくぼみに
青の輪っかパーツを取り付け。








PG-UNICORN_GUNDAM-342.jpg



更に先に取り付けた輪っかパーツに
重なる位置に青カバーパーツを取り付け








PG-UNICORN_GUNDAM-343.jpg



裏返して下に
先に取り付けた青カバーパーツに
沿うようにカバーパーツを取り付けます








PG-UNICORN_GUNDAM-344.jpg



戻したら下のスキマに
下部バーニアパーツを取り付けて
上と同様に中に白パーツを押し込んで取り付け。









PG-UNICORN_GUNDAM-345.jpg



次に内側(背中)に当たる
青カバーパーツに裏から
本体接続用グレーパーツを
押し込んで取り付けておき








PG-UNICORN_GUNDAM-346.jpg


サイコフレームブロックと合わせます








PG-UNICORN_GUNDAM-347.jpg



続いて外面。
まずカバーパーツの裏に
3か所ポリパーツを取り付けます
それぞれ表裏、真ん中は上下の
形状が異なってます
また、左右のポリパーツは小さい上
取り付けにくいので注意です








PG-UNICORN_GUNDAM-348.jpg



次に上の横棒に
サイコフレームパーツを取り付けて









PG-UNICORN_GUNDAM-349.jpg



90°下にまわします
サイコフレームパーツは上下で形状が異なります
向きに注意ですね








PG-UNICORN_GUNDAM-350.jpg



後は前に出た部分に
青カバーパーツを取り付けて完成。









PG-UNICORN_GUNDAM-351.jpg



コレを本体に上から押し込んで
奥に押し込んで取り付けます

更に上のバーニアを隠すように
左右にカバーパーツを取り付け。







PG-UNICORN_GUNDAM-352.jpg



最後にサーベルラック。
まずサーベル柄の底に四角いパーツを取り付け。
これは腕の時に作ったものと全く同じです








PG-UNICORN_GUNDAM-353.jpg


続いてアーム。
まず本体接続側です
パーツを合わせるだけなんですけどねっ








PG-UNICORN_GUNDAM-354.jpg



続いてサーベル柄の接続側。
こちらもパーツを合わせるだけですが
左右で向きが異なりますので注意です








PG-UNICORN_GUNDAM-355.jpg



後はサイコフレームの露出している箇所を
ふさぐ形でサーベルラックを取り付けて
バックパック完成です!








PG-UNICORN_GUNDAM-356.jpg



いやーついに本体が完成してしまいました(?)

という訳で今回はここまで。
次回ウェポンを作って完成になってしまう訳ですが・・・
なんというか予想以上にサックリでした
特にカバーパーツやサイコフレームが
一つ一つ大きめに作られているせいだと思います

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ