ほいです。すみません遅くなりました
実はえらい目に合っていました
詳しくは書きませんが丸2日以上一睡もしませんでした(汗
人間は寝ないでいると精神崩壊しますのでお気を付けください。
お休みももらえるので暫くプラモ作りに専念したいと思います

ニュースは今のところ出し尽くしましたが
もう少しサイトを見やすくしたいなーということで
今後はブログ内改変もやっていきたいと思います
ニュースと言えば8月のRGユニコーンが前期に発売されるようですね
8月入るとザンライザーで忙しいので挟めるかどうか?
あとは例によってガシャポンブログ様。
すっかり機体出しちゃってますが宣伝もしっかり。そこは企業ですからね
モビアンサンブルEX03が売れないとあの
謎の機体が商品化されない、つまり打ち切りの可能性が出てきたってことですね(汗
折角予約注文したまますっかり忘れて若干後悔気味というか
楽しみだなーと思っていたのにそれは勘弁してほしいですね!
というか[インレ]なんてガシャポンでもない限り
商品化できないようなサイズなのでもし出ても相当なお値段なんですよね・・

ところでフォルテのEX01ペーネロペーさんは
一体いつになったら来るんでしょうね?
実はいまだに発送準備さえ来ない(同期のジンクス・エルガイヤーは来てます)
何だか嫌なおかんです






MG-JUSTICE_GUNDAM-14.jpg



とりあえず言っておきたいことがあります
ぼちぼちこの方針に限界を感じ始めております(汗
別に時間が-とかパーツがーとかではなく、
構造の進化が凄まじいため煩わしさを
感じてしまう恐れが出てきました
最近まで休んでいた分ブランクがあるとは思っていましたが
「パーツ合わせてほい完成!」ばかりだったため
細かいパーツ分割にいちいち対処していると
無駄に長くなってしまうので検討課題になりつつあります







MG-JUSTICE_GUNDAM-15.jpg


パーツ写真二枚目。ボディでこれですからね
パーツは全45パつ(のはず)構成。
なにせパーツが細かい所で分割されている分
破損や欠品にはより注意する必要があります







MG-JUSTICE_GUNDAM-16.jpg


まず上部ブロック。フレームパーツに前から
パイロットパーツを設置。
当然ですが白一色なので適当に塗ってます
バイザーもシルバーにクリアブルーで塗ったんですが
クリアブルーが古いせいか色が黒く思ったようになりませんでした
あくまで形をはっきりさせる程度ですのでご勘弁くださいまし








MG-JUSTICE_GUNDAM-17.jpg


続いて上部ブロック下部フレームにピン付きの
アームパーツを設置。







MG-JUSTICE_GUNDAM-18.jpg


上下フレームを合わせます
先に付けたアームパーツの位置に注意しておきます






MG-JUSTICE_GUNDAM-19.jpg


次に腰部接続フレーム。
一体成型のパーツにある太めのピンに
胴体接続用のフレームパーツを通ります・・・が
写真でもわかるように若干白化してます
ちょっと耐久力に不安を感じるので
ぐりぐり動かすのは控えた方が良さそう。








MG-JUSTICE_GUNDAM-20.jpg


これらを中央カバーフレームパーツにまとめて
しっかり確認したら挟みます






MG-JUSTICE_GUNDAM-21.jpg


続いて上部にて先に仕込んでおいた
アームパーツの手前にもう一つアームパーツを設置。
穴の小さい方を本体側に付け、大きい方を
外に出して先に付けたアームパーツと並べます
尚、ここでは次につける胸フレームパーツに
アームパーツを取り付けるよう指示があります。

ただしその場合、本体に取り付ける時にとても固いので
頑張って組み込む分だけそのパーツが白化していく現象を確認しています
先に本体にアームパーツ(前)を取り付けている場合には
白化は見られませんでしたが個体差があるので
固い場合は薄―く削るなり様子を見ながら取るtけることをオススメします








MG-JUSTICE_GUNDAM-21_000.jpg



これが胸フレーム。
若干複雑なので解説入れてます
本体側のアームと追加アームが並ぶため
勿論アームを並べた位置にしておく必要があります
また、本体接続用の穴がきついため
力を入れると全体に白化する恐れがあります
先に薄―く削っておく等する必要があります








MG-JUSTICE_GUNDAM-22.jpg


設置後、外に出るほうのアームが
並んで配置されています

ただし




MG-JUSTICE_GUNDAM-22_0.jpg


力を入れ過ぎるとこうなります
ピン回りから白化が伸びていることが確認できます
幸い破損には至りませんでしたが
接続部分だけ抑えてこうなったので
予め対策を取った方がきれいに仕上がります








MG-JUSTICE_GUNDAM-23.jpg


このパーツ配置の恩恵がこれ。
前だけでなくななめにも引き出せるので
可動の幅が一気に広がりっます






MG-JUSTICE_GUNDAM-24.jpg


続いて肩関節。
長い方のパーツが左右で反対になってます







MG-JUSTICE_GUNDAM-26.jpg


これを本体に設置し
上に黒カバーパーツをかぶせます





MG-JUSTICE_GUNDAM-27.jpg


続いて下からピンクの
胴体カバーパーツを押し込んで






MG-JUSTICE_GUNDAM-28.jpg


更に下から黒のカバーパーツを入れて
先に入れたピンクパーツに接続。







2MG-JUSTICE_GUNDAM-29.jpg



起こして上に
首回りカバーフレームパーツを設置。







MG-JUSTICE_GUNDAM-30.jpg


中腹にピンクの板パーツを取り付け








MG-JUSTICE_GUNDAM-31.jpg



更に白いカバーパーツをかぶせます








MG-JUSTICE_GUNDAM-32.jpg


続いて首フレーム。
パーツを合わせます








MG-JUSTICE_GUNDAM-33.jpg


これを上部に取り付け、更に
先に白カバーパーツを付けた部分の
上、フレームにある出っ張りに
黒のとがったカバーパーツを取り付け。







MG-JUSTICE_GUNDAM-34.jpg



胸ダクトパーツを設置。
なんとこのパーツ接続ピンがありません
まぁあってもかなりの確率で折れると思いますが
これはこれで回りに負荷をかけるので難しいところ。

というわけで今回はここまで。
ボディで区切るのはPG依頼です(!
それくらい内部構造が複雑化しているってことですね
まぁつなげようと思えばつなげられますが
一回が長くなってしまうので
どうするかは少し考えて続きを上げていきます
ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ