こんにちは。最近は夜の寝苦しさがすごいです
エアコンには温度設定という便利機能がありますが
とある理由(リモコンがない)でできない
自分の部屋はかなり危険。

で今回はいつになく情報盛りだくさん。
まず早いこの時期になんと
8月分の発売予定日が公表されてます。台場に出来る
ガンダムベース(8月19日オープン)の都合かな?ぜひ行きたいですね

ー8月発売日-
5日:HGUC 1/144 ブルーディスティニー1号機“EXAM”
    RG 1/144 ユニコーンガンダム(プレミアムパッケージ)
11日:HGBF 1/144 忍パルスガンダム
    HGBC 1/144 忍パルスビームズ
26日:『GMの逆襲』登場新ガンダム(仮)
    HGBF 1/144 GM/GM
    HGBC 1/144 ジムジムウエポンズ
    HGBF 1/144 はいぱーギャン子
    メガサイズモデル 1/48 ユニコーンガンダム(デストロイモード 

と案外出るものが多いです
まず5日はBD1号。こちらはゲーム版とアニメ版のヘッドに
通常版とEXAM版のモノアイセンサーが付属。
RGユニコーンは通常版とは別にスペシャルパッケージが登場。
内容に変化はないようですが気持ちお得?
26日のはいぱーギャン子は前作登場にふみなに続く
公式ガンプラアーマーガールズ第2弾。攻めな感じがまたいやなんでも


で2個目。こっちは私の推しですガシャポンブログ様。モビルスーツ・アンサンブルにて
ダンディライアンⅡ商品化決定!!
第4弾はスペシャル回で予算オーバー待ったなし!


という熱い展開。
買っててよかったEX式。まずダンディライアンⅡが正式に
商品化が決定されました。サンプル見ましたが
かなりトンデモなサイズなので今からお財布のひもを固く結ぶ必要がありそうです(笑)
EX03ですら5000円ですからね。1万くらいは見込んでおきたいです
次に通常の04弾。こちらは前々から言われていましたが
①ν②ウーンドウォート③ケンプファー
とどれもビッグサイズで武器もビッグ。更に
④ν用ブースター&HWセット⑤ケンプファー・ν武器セット
ととんでもなく豪華。予想ではν+武器a+b・ケンプファーa+b
的な感じだっただけに非常にうれしいです。回して回して
なんとか夢のフルドドⅡ・ファイバーⅡまで持っていきたいです!
という事で宣伝でしたー




MG-JUSTICE_GUNDAM-35.jpg


やっと本編です
久々にワクワクな情報を聞いてテンション上がっているので
REハンマ・ハンマに間に合うよう頑張ります

まず前回の続き。コクピットハッチ下パーツに
グレーのダクト?パーツを仕込んでフタをします
がこれはただのダクトではなく








MG-JUSTICE_GUNDAM-36.jpg


胸部バルカン用の銃口も兼ねています
見えない部分にまで手を加えるこの構造に
結構感動しています(笑)








MG-JUSTICE_GUNDAM-37.jpg


裏に接続アームパーツを付けて完成。
形状の違いはありません









MG-JUSTICE_GUNDAM-38.jpg


これを上部に設置したら
胸カバーの外側のミゾにしろラインパーツを取り付け。
こちらもピンを使わず挟んで抑えるタイプ・・・ですが注意。
エナメルを流すと危険です
実際にエナメルのせいかどうかは分かりませんが
自分の場合、一度取り付けてから外そうとした瞬間に割れました。
幸いきれいに割れたので修復もきれいにできましたが
塗装派の方は注意ですね。ちなみに角に線が入っている部分で割れます








MG-JUSTICE_GUNDAM-39.jpg


続いてお腹周りのカバーパーツを付けていきます
順番は関係ありません。左右と








MG-JUSTICE_GUNDAM-41.jpg



中央に付けたら上に行き
関節を隠すように出っ張りの下に
カバーフレームパーツを取り付け







MG-JUSTICE_GUNDAM-42.jpg



上からカバーパーツを取り付け。
ちなみに今までのキットのように
前後でピン接続形式ではありません。
先に紹介した通り肩~胸部にかけて
フレームが前方展開するためですが改めてすごい事だと感じます








MG-JUSTICE_GUNDAM-43.jpg


最後に上に白カバーパーツと
下にグレーのダクトパーツを付けてようやくボディ完成。









MG-JUSTICE_GUNDAM-48.jpg



今回はヘッドも作っていきます
結局長くなってしまうので後で分割の検証が必要です

パーツ数は10パーツ・・・ではなく11パーツ
肝心のブレードアンテナを忘れるというすごいことをやってます(汗
いやプラモに関わらずあらゆるパーツが肝心要なんですけどね








MG-JUSTICE_GUNDAM-49.jpg


まずフェイスパーツの裏から
マウスパーツをセット。固定されてはいません







MG-JUSTICE_GUNDAM-50.jpg


更に裏からフレームパーツを取り付け。
頬の出っ張りもフレームパーツにあるので
マウス部分を上から入れて取り付けると楽。








MG-JUSTICE_GUNDAM-51.jpg


クリアパーツを前から押し込んで取り付け。
モノアイシールを貼る場合はここで貼ると
調整しやすいので楽です。いつも紹介のため
先に貼りますが綺麗に貼れたつもりでも
ほとんどの場合若干クリアパーツの部分が見えてしまうため
この状態だとずれているかどうかがすぐわかるのでおすすめです








MG-JUSTICE_GUNDAM-52.jpg


左右からカバーパーツを取り付け







MG-JUSTICE_GUNDAM-53.jpg


後部カバーパーツで抑え込み。
このパーツは後頭部までカバーするわけですが








MG-JUSTICE_GUNDAM-54.jpg



後部センサーシールをカバーするため、
ずれていないかチェックする必要があります
ずれている場合は内側に入り込んでしまっています
一応あとから貼ることもできるようですが
押さえつける必要があるのでシールを気付けないためには
先に貼る方が良いような気がします






MG-JUSTICE_GUNDAM-55.jpg


更に前方に盛り上がるような
トサカカバーパーツをかぶせます
ここでも先に貼ったセンサーシールにあたるため
やっぱりずれていると巻き込まれてしまいます
自信のない場合はピンセットで後から貼った方が良いかも。
勿論シールを傷つけない注意が必要です








MG-JUSTICE_GUNDAM-57.jpg


更に白パーツを付けて上に伸ばします
で前からクリアパーツを押し込み
センサーシールを貼ったらアンテナパーツを付けてヘッド完成です!






MG-JUSTICE_GUNDAM-58.jpg


前から。凛々しい顏でとてもかっこいいです
フェイス部にはスリットがない「Zフェイス」も特徴で
兄弟機のフリーダムにはある不思議。
設定では二機とも「核エネルギーを抑制する[ニュートロンジャマー]
を更に抑制する[ニュートロンジャマーキャンセラー]」を搭載しているので
熱量も同等のハズ?フェイス部のスリットのナゾは深いです(単にデザイン?)







MG-JUSTICE_GUNDAM-59.jpg


光らせてみた
目が大きい(広い)せいか一気に正義っぽい印象に。






MG-JUSTICE_GUNDAM-60.jpg


後から

というわけで今回はここまで。
長くなってしまい申し訳ないですが
サックリ画像だけ見れば済む話かなーと思うと
今のままでもいいような気はしますが気になっているのが画像の大きさ。
スマホだと画像が大きすぎて読めない気がするので
今後はもう少しサイズ下げていこうと思います
次回は肩~腕まで。ではまた次回っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ