ほいです。暑いですね!
一週間b理の更新となってしまいましたが
裏でこそこそハンマ・ハンマを作ってます。
製作日記にするかどうか非常に迷っているんですよ!
パーツも多く、可動部分にもフレームパーツはありますが
基本合わせるだけなので製作記事にする必要が
あまり感じられないです。でレビュー形式にしようかな?と。
というのもありますが他にも熱中症とか
仕事とかでまたまた参ってました(汗
現在の生活?朝9時に会社行って23~24時に帰ってきます
ん?つ、つまり一日14~15時間労働?
早く帰れる日もありますが平均11時間超えは確実ですね。
これはまずい。さっさと辞めて次に行くことにしましょう!
ということで8月はまだなにも出来ていませんでした。
今回は生存報告ともひとつ楽しみなアレについてご紹介。








MG-Advanced_GN-X-0.jpg


徒―その前にお買い物。
先月の25日に届いたままなんと封さえ開けていなかった
MGアドバンスドジンクス。
箱絵はプレミアム恒例のモノクロですが
説明書はしっかりオリジナルフルカラー表紙。
ところが今月来るMGザンライザーは
箱もオリジナルフルカラーという扱い。まぁ値段も倍近く変わりますが・・
てなわけで今後はこちらをメインに進めていきます







RE-HAMMA_HAMMA.jpg


ついでに購入済みREハンマハンマ。
なんと箱はMG基準でフリーダムVer,2と同サイズでした。
現在はボディ~ヘッド・アームまで
一応撮り進めています。




GANSO_SD-Kikoushin_ELGAIA.jpg


続いて大人になった少年け仕様と化した
元祖SDシン・エルガイヤー。
なにが変化したかといいますと
実は構造がめっちゃ複雑になっており
説明書見るだけで「これ大丈夫なの?(強度的に)」と
感じてしまう仕様になってます






GANSO_SD-Kikoushin_ELGAIA-2.jpg



箱の中身。一見すると過去の元祖SDと大差ないように見えます
ただし触れたことがある場合はランナーの多さに気付きます





GANSO_SD-Kikoushin_ELGAIA-4.jpg


ランナー。およそ13枚ほどで
パーツ数は120を超えます
「元祖SD」てジャンルは「玩具」だったはずですが
いつの間にか進化してしまったようです
パーツも細かく分かれ、大型パーツで構成された
元祖SDの面影はありません(笑)
しかもこれが5体重なって「ガンジェネシス」になるわけですが
果たして破損させずにくみ上げることが出来るのか・・・
いまから非常に不安です




でここまで来てやーっと本題。
一週間の間にネタが次々やってきたうえ
ガシャポンFのペーネロペーも紹介していないです






Mobile_Suit_Ensemble-03-1.jpg



回してきましたモビアンサンブル03!
これが本題。ちなみに3000円きっかりで
計6回回しました。ちなみにこういった
ギャンブル的な要素を購入する時は
「今回は~円まで」と決め一球入魂?乾坤一擲?
とにかく一回回すごとに気合い入れます(笑)
で出たのが画像の品々。見事に白いです

画像は左から
[フルドド]×2
[武器(アドバンスドヘイズル試験カラー用)]×2
[ヘイズル改]×1
でした。これパーツ多すぎて管理が大変そうだと
今になってようやく気付きました(汗
出したカラーは白・ピンク・イエロー・ブルー。
で最後の一回が



M_A-03-ACGUY-1.jpg

アッガイです。
今回ではかなり特別な仕様となるアッガイですが
なんかデフォルメ感がすごく、よりマスコットとして
完成された素敵デザイン。






M_A-03-ACGUY-2.jpg

とても兵器とは思えない
とんでもなくかわいいスタイル。
首がないこともありますが
手のずんぐり感がとってもキュート!



M_A-03-ACGUY-3.jpg

ナンバー01のガンダム・ザクと並べて。
一応サイズは縮小されていますが
他の機体はそれなりにリアルさを残してます
がこのアッガイはかなりマスコット。

次にこのアッガイがいかに特別であるか見ていきます!





M_A-03-ACGUY-5.jpg


特別ポイント①ボディの構造
アッガイはボディとウェストの区切りがありません
これはアッガイが水中戦を想定し設計されているため、つまり
凡庸的な機体ではないためですが
モビルスーツアンサンブルにおいては
一般機体は腰の区切りがあるため、
ランナー化された背中パーツに腕関節を付け、
一体化した前面パーツで腰とつなげます。
しかしアッガイの場合は腰がないため、なんと
股関節パーツもまとめてボディに収めます
つまり接続に必要な前面パーツによる接続が必要ではないため
唯一前面パーツ無しに四肢をつなぐことが出来るのです!(メリットは不明








M_A-03-ACGUY-4.jpg


特別ポイント②足の接続
画像左がガンダムの足。どちらも右足ですが
何が違うのか・・・それは接続する箇所が違うのです。
ガンダムの場合は一体成型の足の軸としてつなげるため、
左右への可動は出来ますが前後は干渉してほぼ動きません。
しかしアッガイは足の上部が繋がっているため、
足の底を別パーツ化して取り付けます。
それがどういうことかと言いますと







M_A-03-ACGUY-7.jpg


足が広がります。
これは他の機体のように
足が一体成型されている訳ではないため、
接続部分のボール軸で足底が若干動くということ。
これを利用すると




M_A-03-ACGUY-6.jpg



ヒザを曲げて体育すわりっぽい
ポーズをとることが出来るのです!
いやーこれは良いものだ。
ちなみにこのポーズは今のところ他の機体にはできません。
股関節をじかにつなぎ、
ウェストパーツをかぶせてボディと挟むため
ここまで前方に上がらないのです。

今回見てきたようにアッガイは特別であり、
ぜひとも手に入れておきたいマスコットであると言えます。
それではまた来週。ご視聴有難う御座いました!



出来ればZもゲットして揃えたいんですが・・
Zも非常に完成度高いです。しかし
これ以上回しても出てこない気がしました
仮にガチャガチャを10回回したとして、それぞれが出る期待値は
ヘイズル系:33 アッガイ:11 ゼータ:11
で、この数値は何回目でもヘイズルが3倍、
アッガイとゼータがそれぞれ1倍の確率で出てくることになります。
ただし大前提としてガチャの中身が均一である必要があります。そのため
今回引いた6回のうち、なんと5回がヘイズル系だったことから
ヘイズル多め?なアソート(ガチャの中身)がある可能性があります(笑)
もちろん逆もあるので箱の中をそっとみて
欲しいものの色が多いかどうか判断して回すと
より効果的に集められる・・・気がします。結局運ですけどねー
ちなみに一番でにくいのはヘイズル改だと思います・・・勘ですけど
最後に、今回はプレイバリューの高さからか
人気が増しているので気になる方は早めに回しに行くことをオススメします。

今回は急ぎですがここまで。
ネタは豊富ですが一つ一つゆくーり
消化していきたいです。また次回っ!

あーヘイズルやペーネロペーの紹介は少し遅れます。
パーツが多いため適当に扱うと
大事なパーツを紛失する可能性が・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP

まとめ