さて今回から制作に入ります
今回はヘッド。
新規パーツはフェイスパーツと
アンテナの中心パーツとなります

ところでゼータガンダムには多くの派生機があります
まずゼータが誕生する前に「Z計画」というものがあました
1年戦争後の時代でアナハイム・エレクトロニクスによる計画で
コンセプトは「次世代型高性能MS」の設計、開発。
当時はエゥーゴとの共同開発という形で、
「可変機」の開発はもちろん視野にあったようですが
それを目標にしたのはエゥーゴの要求からだったようです
その過程で開発されたのが「百式」ですが
百式を想定通りに可変機モデルにしたものがデルタ系となります
その後開発されたのがゼータガンダム(ζ)なのですが
A・Eが開発した機体につけられた記号が名前の由来となってます
有名なのは「℩(イオタ=Sガンダム)」や「ξ(クスィー=Ξガンダム)等。

で今回キット化された「 MSZ-006-3B グレイ・ゼータ」は
グリーンダイバーズ(エゥーゴとティターンズの戦争を舞台にした映画)
に登場する「 MSZ-006-3 ゼータガンダム3号機』の火力増強型改良機。
ゼータガンダム3号機自体がごく短期間のテスト・作戦をこなした後
元のゼータガンダム(型番MSZ-006-1)に戻されたため
幻の機体とされています(特殊なスタイルから人気はあったと思います)
ちなみに自分はゼータ系の中では
「ストライクゼータ」が好きです(・ω・´)
もちろんこのグレイ・ゼータもめっちゃ好きなので
こうしてキット化されて(お値段はアレですが)非常にうれしいです!

ちなみに「グレイ」の名前はパイロット「グレイ・ウルフ」のグレイからきてます
更に未定ですが同様にプレバンさんから予約販売される
可能性の高い「レッド・ゼータ」はサイコミュ搭載型のニュータイプ専用機。
こちらは機体色が赤になってますが
これは予定されていたパイロット「ジョニー」の意向によるもの。
このジョニーというパイロットについては詳しい情報はないようです
ああ・・・なんとなく嫌な予感はあったんですよ

てなわけでGuten Tag,Ich heiße K.
今回からMGゼータガンダム3号機B型グレイ・ゼータを作っていきます
いつもと違う時間帯の更新ですが
これは私用によるものなので気にしないでください
別に中の人が入れ替わるとかいうこともありません(多分

ちなみに今回のグレイ・ゼータ、ある意味面倒です
というのも、ランナー数が28枚もあるにもかかわらず
使用しないパーツが1/5ほどあるのと
ある仕様が一部あるためなんですねー
まぁこれをご覧いただければわかると思います
公開設定してたつもりが下書き扱いになってました・・・

さて今回からRGウイングガンダムゼロE,Wを組んでいきます!
まぁ正直言うとあと数日で次回予告のネタが来るので
かなり時間が足りません・・・(汗
もちろん優先順位は新しい方なので
なんとか同時進行、無理なら後にという形になると思います

以前これは記事にしないことを言ってたんですが
丁度魔が開いてしまったので
その間で完成できるもの、という事でやることに。
本体はそこまで複雑でもなさそうですし
サックリとやっていこうと思います
せっかく別売りのセラフィムフェザーも注文していたことですしね!

というわけで本編。
今回はランナー紹介なので飛ばしてくれて問題ありません
はーい一回目はボディの制作です
いつもやってるランナー紹介ですが
正直あれ見てもどうかなっていうか必要ないっていうか
まぁ微妙だと思ってたんでやめることに。
尺稼ぎにしかなってませんしね(ぶっちゃけ

いくつかお知らせ。
まず今年のガンダムEXPOですが開催期間は11月21-24日までとのこと。
今年は期待の新作PGがあるので是非とも行きたいと言うか行きます
恒例の限定プラモは今年は若干抑えめ(?)。

・RG 1/144 ガンダムエクシア エクストラフィニッシュVer. 4,860円
・HGUC 1/144 ガンダムF91(残像イメージクリアーVer.) 
・BB戦士 νガンダム メタリックVer. 2,480円
・HGUC 1/144 フルアーマー・ユニコーンガンダム(デストロイモード)
レッドメッキフレーム/メカニカルクリアVer. 4,320円
・HGUC 1/144 ユニコーンガンダム2号機バンシィ・ノルン(デストロイモード)
グリーンフレーム チタニウムフィニッシュVer.4,860円
・HGBF 1/144 ガンダムエクシアダークマター トランザムモード 1,940円
・RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム クリアカラーVer. 3,240円
とこんな感じ。
少し前に高すぎて売れなかったであろう商品があったせいか
抑えてきた・・・と思ったらやはりユニコーン押しのようです
その分数も多く価格も控えめなので人気度は高そう。

続いてこれは当方のお話ですが
REナイチンゲールについて。
当初はモチ制作記事書く予定でいたんですが
レビューを見る限りですとどうも「1/144の1/100スケール化」
という判定が下されているようで
組みやすさ重視でディティールやギミック的な要素は二の次らしく
隠し腕も付かないようです
まぁ出してくれるだけでもかなり歓喜なんですが
構造的に制作記事にはしづらいと判断し、スル-させて頂くことに。
といっても買わないわけではなくむしろ弄れる面が多いって
ご褒美というかワクワクなんですけどねー
もっと前後に長くMAに近いフォルムにしたいです

という訳で長くなってしまいましたが本編です
一回目から長いです
はーい四回目は前腕を作っていきまっす!
ところでMGターンXはオールレンジ攻撃を再現するため
各ブロックをばらせる構造になってますが
これが逆に関節(特に肩)を緩めてしまうという現象が起きてます
これに関しては接着剤で太らせる、といった対処法もあるにはあるんですが
結局繰り返し動かせばどうしてもこすれてしまう為
通常のままで飾るかオールレンジ表現で飾るかの二択になってしまいます
折角のシャイニングフィンガーも
完成時にビームエフェクトを付けてみたらなんと下にさがってしまいました(汗
こういうギミック上仕方ないのかもしれませんが
ギミックと可動の両立って難しいんですねぇ


PAGETOP

まとめ