上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて今回から制作に入ります
今回はヘッド。
新規パーツはフェイスパーツと
アンテナの中心パーツとなります

ところでゼータガンダムには多くの派生機があります
まずゼータが誕生する前に「Z計画」というものがあました
1年戦争後の時代でアナハイム・エレクトロニクスによる計画で
コンセプトは「次世代型高性能MS」の設計、開発。
当時はエゥーゴとの共同開発という形で、
「可変機」の開発はもちろん視野にあったようですが
それを目標にしたのはエゥーゴの要求からだったようです
その過程で開発されたのが「百式」ですが
百式を想定通りに可変機モデルにしたものがデルタ系となります
その後開発されたのがゼータガンダム(ζ)なのですが
A・Eが開発した機体につけられた記号が名前の由来となってます
有名なのは「℩(イオタ=Sガンダム)」や「ξ(クスィー=Ξガンダム)等。

で今回キット化された「 MSZ-006-3B グレイ・ゼータ」は
グリーンダイバーズ(エゥーゴとティターンズの戦争を舞台にした映画)
に登場する「 MSZ-006-3 ゼータガンダム3号機』の火力増強型改良機。
ゼータガンダム3号機自体がごく短期間のテスト・作戦をこなした後
元のゼータガンダム(型番MSZ-006-1)に戻されたため
幻の機体とされています(特殊なスタイルから人気はあったと思います)
ちなみに自分はゼータ系の中では
「ストライクゼータ」が好きです(・ω・´)
もちろんこのグレイ・ゼータもめっちゃ好きなので
こうしてキット化されて(お値段はアレですが)非常にうれしいです!

ちなみに「グレイ」の名前はパイロット「グレイ・ウルフ」のグレイからきてます
更に未定ですが同様にプレバンさんから予約販売される
可能性の高い「レッド・ゼータ」はサイコミュ搭載型のニュータイプ専用機。
こちらは機体色が赤になってますが
これは予定されていたパイロット「ジョニー」の意向によるもの。
このジョニーというパイロットについては詳しい情報はないようです
ああ・・・なんとなく嫌な予感はあったんですよ

てなわけでGuten Tag,Ich heiße K.
今回からMGゼータガンダム3号機B型グレイ・ゼータを作っていきます
いつもと違う時間帯の更新ですが
これは私用によるものなので気にしないでください
別に中の人が入れ替わるとかいうこともありません(多分

ちなみに今回のグレイ・ゼータ、ある意味面倒です
というのも、ランナー数が28枚もあるにもかかわらず
使用しないパーツが1/5ほどあるのと
ある仕様が一部あるためなんですねー
まぁこれをご覧いただければわかると思います

PAGETOP

まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。